OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200ビスマルク嫁入り決定
今から10年ほど前でしょうか、四国にお住まいの1/100RC艦船模型で有名なモデラーの方から、1/200ビスマルク、プリンツ・オイゲン、フッドを頂きました。
貰った当初、あまりの技術力の高さに驚愕すると共に、大いにそれからの造船の参考とさせていただきました。

そして本日、これからラジコン艦船を作ってみたいという方に、ビスマルクをお譲りさせていただくことになりました。
ビスマルクさん、もう一度一人のモデラーを育ててあげてください❗
2017081816021648d.jpg

しかし、最後までこのモーター水冷装置はコピーすらできませんでしたよ。未だにおいらの船は小型ファンによる空冷式でございます。
2017081816013514b.jpg

このビスマルクには、プロの職人の技が詰まっていますので、見ているだけでも勉強になりました。長年お世話になった船に感謝であります。
1/200 RC「矢矧」製作記33
おろろ~ん。
6日間もあったおいらの夏休みが終わってしまったであります!

はぁ、今年も結局どこにも行かずに船作って終わったなぁ(詠嘆)

ま、好きなことに没頭しまくったという点では、こんなにも素敵な休日はないんですけどね。

とりあえず、「矢矧」の細かいパーツが大体出来上がったので良しとしましょう!
現在の全体像はこんなん感じであります。
DSC_1789.jpg

ふむ、今までとあんまり変わりませんな!

そう、そうなんですよ奥さん!
フルスクラッチにおけるディティールアップって、やたらめったら手間と時間を食う割に、外見的にはあんまり変化がないっていう、恐ろしく不毛な作業なのであります!

この「矢矧」も、残す作業はあと僅か。過去の記事を見なおしてみると、2013年の10月に起工したようなので、4年近くもチンタラやっているわけですねw

ただ、最後の難関が機銃でございまして、「矢矧」さんは25㎜三連装機銃を10基、単装機銃を24基も積み込んでいたらしく、全身これハリネズミという素晴らしき仕様なのであります!

こんな時こそ、科学の力!「出でよ3Dプリンター!!」と叫びたいのは山々ですが、金銭的に恐ろしいことになりそうなので、もうチマチマ手作りしようとおもっちょります。

そうなると、約60本も銃身作らんといかんのでありまする。

あぁ、本当に完成するのは、更に4年後くらいになりそうです・・・。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

1/200 RC「矢矧」製作記32
あぁ、この夏も終戦記念日が来てお盆休みが終わってしまうでやんすよ。

てなわけで、そろそろ始まる仕事に恐れおののきながら何とか生存しているおいらであります。

ここ最近、やっと造船?というかお船に手をかける時間が出来まして、色々とゴソゴソやっていたのでそのご報告でも。

まずは、ずいぶん昔に四国の超有名モデラー様から頂いた1/200ビスマルクを、超久々に整備しました。
DSC_1781.jpg
元から整備性の良い船なので、RCメカを積めばすぐに走ることが出来る状態まで回復。埃もきれいに落としたので、新品のようにピカピカになりました♪

そして、ここ何年もダラダラと続けている「矢矧」を、いい加減に完成させようと一念発起!
残っているパーツは、時間と手間を猛烈に食うけど、あまり見栄えが変わらない小物パーツばかりなので、もう腰を据えて精神修行のつもりで頑張りますw

まずは艦橋前付近。リールやら投鉛台やら、超めんどくせぇ部品をくっつけました。
DSC_1784.jpg

中央部。マストの後ろの籠には、搭載機の予備翼が格納されていますが、文献によっては予備プロペラ置き場となっているものもあるので、これからプロペラを作って探照灯台の下あたりにくっつけようと思います。
DSC_1785.jpg

カタパルト付近。何となくこの辺が寂しいので、魚雷を置いて胡麻化します。
カタパルト下の応急舵を作るのが、地味~にめんどくさかったです。
DSC_1786.jpg

艦尾付近。一番ゴチャゴチャとパーツが増えたエリアです。
係船桁は可動式にしてあるので、停泊シーンの写真撮りに使えるかもしれません。
空中線整合器の後ろにある、グレーチングの台に載っている機器はいったい何者なんでしょう?発動機調整台のように見えなくもないのですが・・・。どなたか詳しい方がいらしたら、ぜひ教えてくだされ。
DSC_1788.jpg

そんなわけで、早く新造艦に移るためにも、この夏は「矢矧」をやっつけちゃおうと思ます。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

千葉みなとマリンフェスタ2017 無事終了!
アイヤー!17日に無事開催でけた千葉みなとマリンフェスタのご報告が、こんなにも遅くなっちゃったでやんすよ。
ここ数日、イベント準備の為に後回しにしまっくていた仕事が一気に押し寄せて圧殺される寸前になっておりました。
疲れが溜まりまくっているのか、昨日の千葉の運営担当者達の反省会と称した飲み会では、グデグデに酔いつぶれた挙句、耳が急に聞こえなくなる始末。
おいらも年取ったなぁ…と感じた瞬間でありました。

ま、ジジイの戯言はさておき、今年もたくさんの方にご来場頂いた当日の様子をご覧いただきましょう。ちなみに、写真は全て仲間が撮ってくれた画像から拝借しております。(多謝)

「ちば素敵艦隊」といえば、艦これレイヤーさん!
今年もキュートで素敵なレイヤーさんが多数集結してくれました♪
20108688_1957837224431451_7901173918699246095_n.jpg

艦娘×艦船模型!これでしょ、これですよね!お兄さん!!
20108401_1957835067765000_1260137868111502839_n.jpg

「こじま」と「志賀」は、千葉市の広報大使のお姉さまに持ってもらったよ♡
20106541_1957835194431654_1431559477510246301_n.jpg

勝手に開発した「こじま」土産のブースにもレイヤーさんが来てくれました。
20106464_1957838487764658_3175637743029077309_n.jpg

一昨年も参加してくれた亀仙人のじっちゃまも来てくれたよ!去年は開催日を間違えて来られなかったんだってw
20155634_1957837284431445_8460390112141005302_n.jpg

さぁて、みんなが楽しみにしているラジコン艦船の紹介だよ!
今年も、埼玉や神奈川、静岡からも船仲間の皆さんが集まってくれました♪
最後まで残っていた船だけでも何と20隻もいました。
20140128_1957833291098511_8212100079997398487_n.jpg

毎年参加してくださる、衣笠さんのお友達の空母「信濃」。
甲板に飛行機ガン積みという、艦船モデラーの夢の形がここにあります!
20106276_1957833364431837_1878811130862589922_n.jpg

観艦式のパレードで走る各船。「こじま」を先頭艦にして、膨大な数の艦船ラジコンが単縦陣で航行しました!しかし、写真では「こじま」が既に落伍しているようですw
20108228_1957833757765131_6635513670981259049_n.jpg

そして、今回の秘密兵器。
すまさんのジャパリバス最終話仕様!!昨年のラプラスに引き続き、すまさんのネタ造船は冴えわたります。
20106375_1957833577765149_7335373643759074923_n.jpg

やばい完成度ですw
20108447_1957838651097975_9138398627733939342_n.jpg

ジャパリバスと「霧島」の単横陣。こういった光景が見られるのも、このイベントの楽しみの一つです。「ちば素敵艦隊」は優しい世界なのであります。
20108465_1957833587765148_5408219627183904884_n.jpg

さて、今年もイベント運営が忙しく、ろくに写真を撮ることが出来ませんでしたが、りんたんさんのブログすまさんのブログで当日の詳しい様子が紹介されていますので、そちらをご覧ください。

おいらの方では、今回のイベント雑感とでも申しましょうか、感じたことをツラツラと書いてみたいと思います。

まず、今年は模型を携えて参加される方がとても増えたことが何より嬉しいことでした。
特に、若いモデラーが何人も参加してくれたことは、このイベントを始めた趣旨そのものでもあり、ここ数年の活動の成果がやっと実を結びつつあることを実感できました。

また同時に、そのような若いモデラーが、ベテランモデラーの方々の超絶技巧作品を目にすることができる場となれたことが最高に嬉しいんでありますな。若いモデラーの方々にとって、部屋に引きこもってネットで画像を見るだけの経験と、真夏の太陽の下で汗まみれになりながらも、水上を走る実物を見た経験は、まさに雲泥の差というやつでしょう。自身の眼で船を見て、年齢も経験も技術も段違いに離れたベテランの方々に話を聞きくことが、どれだけ成長の糧となることか・・。だからこそ、年上の方と上手にコミュニケーションを取るための礼儀も学ばなくてはならないんですよね♪

衣笠さんをはじめとする、ベテランモデラーの方々の作品は、手作りとは到底思えないような精密さの上に、艦載機のプロペラが回転したり、クレーンが動いたり、主砲もグリグリ動いたり、これでもかという技のオンパレード!
我々中堅モデラーにとっても、その作品は、憧れと同時に目標にもなりました。この場を借りて心より感謝申し上げます。

また、今回のイベントで感じたことは、貸出用の船はやはりタグしかないなとw
スケール船は、初心者の方にとって操縦が難しすぎるようです。
初心者の方でも、安心して操縦を楽しむことのできる船と遊びを来年は実現させます!楽しみにしていてください♪

それと、参加船の増加に伴い、水域もしくは時間を区分して混雑を緩和する必要性が出てきたと共に、観覧者の増加により操船時に船が見えないといった問題も出てきました。専用の操船エリアを設ける等の対策が必要かもしれません。

ただし、これらの改善を行うには人出が全く足りないので、参加される方々にご協力をお願いしようと考えています。
私は「ちば素敵艦隊」を、参加費を頂いて快適なラジコン体験を提供するようなイベントにする意思は毛頭ございません。
あくまで、艦船模型の好きな人間による自主的なイベントです。ですので、来てくださった方々をお客様とは考えてはおらず、あくまで同好の士と考えております。
だからこそ、遠路遥々来てくださる方々に、一人でも勇気を出して来てくださる方々に、素敵な時間を共に過ごせる場にしていきたいと願っています。
今年も、何人もの方々が、お手伝いをかって出てくれました。本当にありがとうございます!
来年は、作業内容をしっかりとアナウンスし、準備等を手早く充実できるように運営も工夫していきたいと思います。

改めまして、今後ともこのイベントをよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、酷暑の中「ちば素敵艦隊」にご参加頂いた全ての方に、感謝申し上げます。






テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

千葉みなとマリンフェスタ2017 最終案内 
お今晩は~。
いよいよ来週に迫ってまいりました、千葉みなとマリンフェスタ2017!

その事前告知が何と、ヤフーニュースに掲載されたでござる!

ヤフーニュースの記事はこちら

こうなれば、当日リポートにも当然期待は高まるわけだが、この記事を作成してくださった千葉経済新聞様は当日来られないそうなので、残念ながら人知れずひっそりと終焉を迎えるのでありましょう・・・。

だがしかし、だがしかーし!!

当日参加した人が、めいっぱい楽しめればいいじゃん♪
と、いうわけで、最終案内でございます。

日時・場所等の基本情報はこちらをご確認ください。

「俺っちの1/200RC艦船模型も参加するぜ!」という同士諸君な方は、午後1時頃から試走を始めたいと思いますので、現地集合でお願いいたします。
※エンジン艇やスチーム艇、高速艇の参加は禁止とさせていただきます。

「いやいや、俺様のお船は試運転に軽く2時間はかかるぜ!」という方は、正午からでも池の使用は可能です。

天気予報は、13日現在曇りとなっておりますが、気温は30度近いようなので、熱中症対策はお忘れなく!
雨天時は、千葉ポートタワー1階で、艦船模型の展示と残念会ならぬ模型座談会を盛大に挙行したいと思いますw

最後に、昨年ポケモン騒ぎで、常にオーバーフローしていた千葉ポートパークの駐車場ですが、今年はポケストップの削除により、満車であっても、しばらくすれば入れる程度の混み具合となっております。

それでは、当日たくさんの方々とお会いできることを楽しみにしております。
遠方からご参加の方は、くれぐれもお気をつけていらしてください!






テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用