OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200RC砕氷船「ミコヤン」製作記3
さて,引き続き船体を作っておりますです。

DSC00690.jpg

DSC00689.jpg

現在,FRPを表側は二層,内側は一層かけてあります。防水ということに関してはこれで問題は無いはず。(であってくれよー)
ここまで作って学習したことは「FRPを二層掛けすると紙っぽさを完全に失う」ということです。
「防水」の面に関して言えばメデタイことこの上ないのですが,「紙で船を作る」という点に関しては,紙の持つシャープさが失われてしまうので致命的と思われます。
素材としての「紙」をどのように捉えるかで,FRP使用の是非が分かれそうです。

ちなみに,私の模型人としての目標は,紙で客船を作り続けておられる大澤浩之氏です。
世の中には氏の作品よりも正確で精密な模型はあるのでしょうが,氏の作品のように「品格」を感じられるものは少ないと思います。
あの「品格」はどこからくるのか?私は素材である紙が重要な要素だと思っています。氏の作品には優れた水彩画や日本画と同じような,凛としてすっきりとした味わいがありますが,長年に渡って磨き上げられた職人的ともいえる技術によって,迷い無く切り出された紙がそれを引き出しているように感じるのです。
紙とは,そのような一発で決める工作によってチープな素材から,作者の技術力を一瞬の中に封じ込めることが出来る優れた素材へと変化する可能性を秘めていると思います。
その点から言えば,FRPの使用は言語道断なのですが,この可塑性と値段の安さは他の素材には無いアドバンテージともいえます。

たかが紙,されど紙。
この紙という素材は,懐が深すぎるがゆえにモデラーを迷わせる魔性の素材かもしれませんね。

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
FRPもありかな?
いろんな工法を試してみる事でだんだんベターなものを作るのにはどの方向に行けばよいか判る気がします。

どんな風になったのかなと思います。

どのみち何らかの方法で防水はしないと紙の船は成り立たないですからねー。
2010/12/08(水) 18:10:47 | URL | 真鶴住人 #xoejNlHw [ 編集 ]
FRP・・・試したいですね~
大澤氏の作品は凄いですよね。
本が出た時は真っ先に買っちゃいましてね、フムフムと眺めたもんです。1隻40日であのレベルには流石にまだまだ到達出来ませんが、目指したい一つの目標でも有りますね。
2010/12/08(水) 20:46:22 | URL | ナオ #eYj5zAx6 [ 編集 ]
FRPは厳しいですか~?
紙モノコックは補強しないと結構柔らかく、変形時に小口が開いてしまうんですよね
紙繊維ごと樹脂に封じてしまうのはかなりアリな方法だと思うんですが、、、

大澤浩之さんの作品は私も氷川丸の資料として参考にしてます

1隻40日!?あのレベルでですか!?
驚異的。。。。
2010/12/08(水) 21:21:59 | URL | ふぢさわてつや #- [ 編集 ]
>真鶴さん
手軽さを求めるならばFRPはありかなと思います。完成度を求めると厳しいですかね。これからも色々と試してみたいと思います。
2010/12/08(水) 21:26:16 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
>ナオさん
もはやあのレベルに到達すると無駄な動きが無いのでしょうね。
様式化されたような作業の積み重ねがあの作品になるのだと思います。いつか辿りつきたい境地です。
2010/12/08(水) 21:32:17 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
>ふぢさわさん
樹脂がもっとサラサラしていればいいのですが,どうしてもボテッとしていてシャープさに欠けます。耐水性・浸透性のバランスを兼ね備えた何かを見つけてみたいと思います。
2010/12/08(水) 21:35:58 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/56-57adcdb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック