OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
世界の海は俺のもの~男ミコヤン一代記(後編)~
さて,前日に続いてミコヤン戦記をお送りするですよ。

其の参:波乱特殊任務編

極東にたどり着いたミコヤンは,休むまもなく特殊任務に就くことになりました。
所属する船団の名はEON-18(第18特務遠征隊)。
この船団はミコヤンを含む砕氷船3隻,駆逐艦3隻,輸送船19隻からなる部隊で,ドイツ軍に押されまくっているヨーロッパ方面軍を援助すべく,極東から戦略物資を輸送することが任務でした。
ちなみに同行する駆逐艦3隻は護衛のためではなく,自らが増援部隊としてヨーロッパへ赴くのでありました。
1942年8月14日に船団は出撃し,一路西を目指します。
この船団に配属された砕氷船は,新造のミコヤンの他,カガノヴィッチとソ連砕氷船隊の旗艦スターリンであり,正にソ連の砕氷船オールスターズであったわけです。
しかし,彼らの性能をもってしても中々西へと進むことは出来ませんでした。
8月17日には,ついに駆逐艦ラズヤリョーンヌイが氷に閉じ込められてしまい,ミコヤンとカガノヴィッチが慌てて救出するという一幕もありました。
船団は9月に入り,やっとの思いで氷に閉ざされたチュクチ海を抜け出ることに成功。
9月11日には,東シベリア海のアンバルチクにて久々の補給を行いました。9月14日にはラプテフ海にて非常に強い嵐に襲われて,北極航路の補給港であるチクシに避難し,そこで砕氷船クラーシンと合流します。
ちょうどその頃,ドイツのポケット戦艦アドミラル・シェーアが通商破壊戦を行うべくカラ海へと侵入。ソ連砕氷船シビリヤコフを撃沈した上,港町ディクソンを砲撃。付近一帯を荒らしまわっていました。
船団は間一髪のところでドイツポケット戦艦の魔手から逃れることが出来ました。もう少し早くカラ海に入っていたら,とんでもない大惨事になったことでしょう。
ミコヤンは,氷の無い海域まで船団を誘導してから反転。今度は東航する船を従えて極東へと戻りました。

1942年12月21日。再びヨーロッパ方面に移動してきたミコヤンは,カニン・ノス岬沖にて独駆逐艦が敷設した機雷を踏んづけてしまいます。
この時の損傷は激しく,船尾付近を中心に機関関係や舵などに大きなダメージを被りました。
しかし,幸いな事にスクリューは無事だったため,何とか応急修理を施して帰還することができました。
無事帰還を果たしたミコヤンでしたが,北極地域にミコヤンほどの大型船を修理できるドックは無く,仕方なくアメリカのシアトルへと送られ修理を行います。
修理を終えたミコヤンは北極海に戻り,再び北極航路の船団を守り続けたのであります。

戦後は,ヘリ甲板を増設するなどして近代化を計り,60年代まで北の守りに就いたのでした。





いかがでしたでしょうか?人は見かけによらないと申しますが,このミコヤンもぷっくらとした間抜けな船体からはうかがい知れぬ,壮絶な戦歴を誇る海の勇者であったのです。
きっと,他にもマイナーながらもドラマチックな一生を送った船がいるはずです。
みなさんも,そんな船を探してみてはいかがでしょうか?

尚,この文章は英文サイトを参考にして,おいらが適当かつ何となく訳したものを繋ぎ合わせて作ったものなので,資料的な価値は一切ございませんのであしからず。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
なかなか苦難に満ちてますね~
多難だったものの最後まで生き残ったのはスバラシイですね!
船のエピソードがわかると思い入れも変わってきますよね
完成に向けて頑張ってくださいねッ
2010/12/06(月) 06:31:17 | URL | ふぢさわてつや #- [ 編集 ]
ふぢさわさん
いやぁ,最初は思い入れ0でしたけど,今は歴戦の勇者ミコヤンを作ってみたくてたまらない気分ですよ。やはり,製作する対象を知ることは大切ですね。
2010/12/06(月) 20:24:50 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
ミコヤン!!
勉強になりますですハイ。
今やインターネット時代とは言いつつも調べるの大変だったんじゃないですか?何はともあれミコヤンの生涯がが分り一つ雑学が身に付きました!

私の場合、蔵書のペパクラ紹介しようと思って本棚をひっくり返している内についつい関係無い記事を読み漁り気が付くと小一時間経っていたりとか多々有りますね(汗)買った本が、中々捨てられないです・・・。
2010/12/06(月) 22:18:44 | URL | ナオ #eYj5zAx6 [ 編集 ]
ナオさん
ナオさんの兵器紹介はとてもディープで毎回楽しませてもらっています。あれだけのマニアックな資料が手元にあるなんて・・・。
私は結婚を機に,マニア資料があらかた捨てられちまいました(残念!!)
2010/12/07(火) 20:08:57 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/55-25aab2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック