FC2ブログ
OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 オーストリア・ハンガリー帝国潜水艦「SM U-5」
さてはて、フランスの装甲巡洋艦「レオン・ガンベッタ」を作っていたはずのおいらですが、気が付いたら何か変な潜水艦の模型作ってました…。

そうそう、事のきっかけは「レオン・ガンベッタ」について調べていたところ、彼の船を撃沈した下手人が今回の主人公たる「U-5」ということが分かり、「U-5」についてググってみると、意外なエピソードがあったんですな。ほいだら、気が付いたら手が勝手に「U-5」を作り始めていたってお話ですわ。

で、その意外なエピソードというのは、「ガンベッタ」を撃沈した時の「U-5」の艦長だったゲオルグ・フォン・トラップ氏は、あの傑作ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ父さんのモデルとなった人物だったんですよ!
U-5 (1) 

おぉっ、中々の男前!
劇中では厳格な元海軍軍人として演じられていた父さんですが、実際のトラップ父さんはとても温和な性格であったらしく、家族からは劇の演出はあまり快く思われていなかったそうです。

トラップ父さん、もといトラップ艦長は、第一次大戦中に「レオン・ガンベッタ」だけではなく、イタリアの潜水艦「ネリーデ」も「U-5」乗艦時に撃沈しており、オーストリア・ハンガリー帝国の海の英雄の一人として知られていたんだそうな。

マイナー艦船マニアのおいらとしては、こんなに素敵なトラップ父さんの乗艦であった「U-5」を作らないわけにはいきません!

ってなわけで、ペパクラをベースに作ってみたいと思います。
U-5 (1) 
ペパクラをケント紙にコピーしたものを組み上げたら、防水用にサラサラ系の瞬間接着剤を沁み込ませ、その上からサンディングシーラーを厚塗りします。

U-5 (2) 
塗装前のサフを噴いた状態です。凸凹してますが、もう細かいことは気にしません(キッパリ!)

U-5 (3)
塗装するとこんなん感じなりました~♪
実物も32mしかないので、1/200だと僅かに16㎝の小型模型となってしまいます。

U-5 (4)
全体的に流線形の美しいフォルムなので、WW1時の旧式潜水艦とは思えないほど先進的な印象を受けます。

U-5 (5)
昔作ったオーストリア・ハンガリー帝国海軍の戦艦「ウィーン」と共に。

U-5 (6)
オーストリア艦隊の根拠地であったポーラやカッタロあたりでは、実際にこんな光景が見られたのかもしれません。

と、いうわけで、いつもながらの回り道を楽しみつつ、再び「レオン・ガンベッタ」の製作に戻りたいと思います。

スポンサーサイト



コメント
コメント
オーストリア艦隊が誕生(笑)

オーストリアの人びともまさか地球の裏側でこれが存在しているとは思わないでしょうね~

見たら涙ながして悦びそう。
2018/10/24(水) 11:20:03 | URL | りん・たん #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> りんたんさん
ウィーンとU-5の組み合わせは、当のオーストリアでもやる奴は少ないのではないでしょうかw
私も、この2隻を最初から狙って作ったわけではなく、たまたま作ることになっちゃったみたいな感じですから。
2018/10/25(木) 23:12:36 | URL | azuken #O/gbEtzc [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/527-48f77fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック