FC2ブログ
OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/180 RC「中山艦」製作記02
本日は、1/200艦船模型倶楽部の走航会があり、「占守」の公試を行てきたのですが、スマホを家に忘れるというポカをやらかしてしまい、写真を撮りそびれてしまいました。よって、写真のおすそ分けを頂くまで時間がありますので、「中山艦」の製作記いってみたいと思います!

前回、期待に胸を膨らませて箱を開けると、そこには期待を裏切らない素晴らしき中華モデルの世界が広がっていたことはご紹介した通りでございます。

あの日、おいらはもう我慢ができなくなって、準備もそこそこに「中山艦」を組み立て始めてしまいました。

パーティングライン処理?
ふっ、知りませんわそんなこと。

熱烈!中華艦隊プロジェクト漢の企画!

こまけぇ事は気にするな!の精神で押し通します

で、組み立て始めて1時間。こんなん感じになりました。
DSC_2058 (3)

あとは、「占守」の塗装の乾き待ちの時とかに、ぺたしぺたしと色を塗っていきます。
もう、何も考えることはありません。ただただ無心で組み上げていくだけでございます。
ディティールアップとかいう邪教の教えに心惑わされてはなりませぬ。
中華四千年の歴史に身を委ね、ただひたすらにパーツを組み、色を塗るのでございます。
DSC_2058 (4)

マイロンさん曰く、「小錦が出られるくらいにでかい!」と評した舷窓ですが、そのまま馬鹿正直に色を塗ったら、マジでマンホールみたいにどでかい穴がどてっ腹に並んでしまったので、慌てて塗りつぶし、改めて小さめに塗りました。
DSC_2058 (5)

そんなこんなしてるうちに、あっという間に船体が完成。あとはRCメカを積めば動くでござるよ!
開封した時は、ダルンダルンで甘々なモールドに衝撃を受け、「これが組みあがったら、どうなっちゃうんだろ?」と不安におののいておりましたが、何のことはない。結構カッコいいっすよ!
DSC_2058 (6)

で、90年代の中華キットは、このモデルのように全てゴン太でだる~いモールドなのかというと、そうではないようです。それが証拠に、「中山艦」のキットにも、何と艦名プレートの部品が超微細モールドでパーツ化されております!
DSC_2058 (2)

何だよ!精密なパーツ作れるんじゃないか!!

だったら、全部本気で作れよ!


そんなこんなで、あっという間に船体は完成しちまったので、今年の冬は「中山艦」のRC化に勤しもうと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
素晴らしい!特に舷窓がイイ!!
マンガの船を模型したようなフォルムですね
2017/11/05(日) 01:05:54 | URL | すま #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> すまさん
ダル甘なモールドも、そこだけ見てしまうとげんなりなのですが、全体的に調子が揃っているとそんなに気になりませんね。
これはこれで、意外といけてると思い始めた自分がちょっぴり怖いですw
2017/11/05(日) 14:59:53 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/503-c241ac79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック