OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「ジュセッペ・ガリバルディ」製作記13
いよいよガリバルディの製作も大詰めとなってまいりました。
今回製作するのは搭載機であるRo.43水上偵察機です。戦闘機タイプのRo.44というのもあったそうですが,搭乗員一人で戦闘と偵察をこなす事は不可能であったようです。
さて,このRo.43。第二次大戦時のイタリア海軍を代表する艦載偵察機とのことですが,ガル翼と逆ガル翼で構成された複葉機です。まぁ,イタリアらしく凝ったことをするものです。翼を胴体に接着しづらいったらありゃしません。上翼をガルにして上方視界を得ようとしたのは何となく想像できますが,下翼はなぜ!?しかも,落ち着いて考えると偵察機が上空視界を良くするって・・・・あんまし意味無い気も・・・・一体敵の何を見ようとしたのでしょうか?
いや,いや,イタリア軍の兵器についてあまり深く考えてはいけませんね!
目立てばいいんです。かっこよければいいんです。それがイタリア軍の粋ってもんです。

さて,搭載機の製作については,マイロンさんからペパクラを勧められたので早速チャレンジするも,あまりの細かさに,部品の切り出しすら上手くできずにギブアップと相成りました。なんでみなさん,あんな細かいものを作れるのか不思議でしょうがありません。人類の限界を超えているとしか思えない精密作業です。

どちらかというと,人類より猿に近いおいらとしては,粘土をこねくりまわしている方がお似合いということで,胴体やフロートは紙粘土で作ってみました。翼はプラ版です。

DSC00614.jpg

胴体に偵察用の窓があるのもおしゃれです。疲れたときは,ここから絶景を眺めつつ一服するのも乙ですな。
DSC00616.jpg

おぉ,「紅の豚」にでも出てきそうな感じだ!
DSC00617.jpg

さぁ,お次は搭載艇の製作です。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
1/400に比べたらまだまだ!
今晩は。
イタリアって国はどうしても戦闘飛行艇にこだわって居た模様ですね。(笑)

そもそも空軍がだらしないのか仲が悪いのか偵察には協力しないし挙句の果てにはカラブリア岬沖海戦で味方艦隊を誤爆!と、海軍が嫌でも目立つようにオメデタ模様に色を塗る様になったのも何となく納得。
2010/11/15(月) 20:58:32 | URL | ナオ #eYj5zAx6 [ 編集 ]
うぉっ,1/400ですか!私にとっては,もはや部品を視認すらできない域に達していると思われます。(残念)
指が太い私にとって,細かい部品をいかにディフォルメしつつ誤魔化すかが重要です。

さて,このRo43の前に採用されていたカント25ARなんかも戦闘飛行艇ですから,ナオさんのおっしゃるようにイタリアは「戦闘」という部分に固執しています。ひょっとすると艦載機を,偵察用というよりも防空用に考えていた節があるのかもしれませんね。
2010/11/15(月) 21:26:57 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
おお!良く出来てるではないですか、スバラ!
紙粘土も上手に使うと強い武器になりそうですねッ
2010/11/15(月) 22:15:10 | URL | ふぢさわてつや #- [ 編集 ]
ふぢさわさん,ありがとうございます。
今回初めて紙粘土(シルククレイ)を使ってみましたが,サクサク造形できてなかなか良かったです。でも,強度があまりないので,細かすぎる部品を作るのには向かないようです。大雑把な形を出していくときには重宝しそうです。
2010/11/16(火) 20:14:03 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
紙粘土、瞬着で硬化してみては?
それにしても格好好いなぁ。
英軍ウォーラスが好きな自分としては若干嫉妬。爆
2010/11/17(水) 12:51:34 | URL | マイロン #- [ 編集 ]
瞬着硬化!その手があったか!!
あー,もっと早くそれを知っていれば。
やはり3人寄れば文殊の知恵ってやつですね。紙粘土+瞬着で,かなり色んなもの作れそうです。マイロンさん,ありがたいアドバイスありがとうございます。
2010/11/17(水) 18:04:19 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/47-9bffb605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック