OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC タイ海防艦「スリ・アユタヤ」製作記04
嗚呼、めでたいことにスリ・アユタヤを作る手が止まらんですたい!
ずんどこずんどこ進めるんであります!

まずは甲板を支えるインナー甲板を0.5mm厚のプラ板を切り出して作成し、その上に1.5mmプラ角棒で縁どりのようなものを作ります。こうすると、平面図を基にして切り出した甲板をカポッとはめこむことができるんでありますな。
IMG00897.jpg

でも、スリ・アユタヤは戦艦大和よろしく船体中央付近の甲板がうねっていて、分割ラインをどこにするかが悩みどころです。

このうねり、乗員達は絶対に「アユタヤ坂」って呼んでいたに違いありません。(憶測)

さて、大体の形が出来上がってきたので、いよいよ防水加工に入ります。
まずは、サラサラ系瞬間接着剤を船体に塗布します。
すると、継ぎ目ややすりをかけた場所に、じゅわわ~と浸み込んでいきます。色が濃く変色しているところがそれです。

この浸み込んでいる部分が、防水上の弱点になっているわけですね。そこに水の代わりに瞬間接着剤を浸み込ませることでこれ以上水を吸わないようにします。
IMG00896.jpg

ちなみに、中央付近の一直線のパテ補修跡は、船体が反ってしまったのでノコで切断して再接合した跡です。貼り込みの時に、ボール紙に浸み込ませる水分の量にバラツキがあるとこうなってしまうのかもしれません。

きっと上手な方が作れば、継ぎ目に瞬間接着剤を流し込むだけで防水できるのでしょうが、おいらの雑工作ではバンバン水漏れすること必至ですので、静岡紙模型工場の管理人であるナオ氏お勧めのラッカー系のサンディングシーラーというものを何度も重ね塗りします。今回のアユタヤでは3回重ね塗りを行いました。

こんなん感じにボテボテの厚塗りでいきます。
IMG00905.jpg

乾燥後に船体表面のやすりがけを行うと・・・
P1070643.jpg

P1070636.jpg

ほ~ら、防水加工済みの紙製船体いっちょあがりでございます。ビバ!

この勢いでガンガン甲板上の構造物も作っちゃいますよ~。
スポンサーサイト
コメント
コメント
悩ましいですよね
アユタヤ坂、結構キツいですよね(苦笑)
ちいちゃいから分割ラインも悩ましく

作りたい衝動が止まらずモチベーション維持出来てるのは良いですね
楽しい、コレが大切ですやね

そうそう、余談ですが瞬間の塗布ってノズルからやってますか?
私最近筆塗りしてます。案外と効率的です

ラッカー薄め液で洗えば筆も再利用できたりして
2015/01/26(月) 19:42:01 | URL | ふぢさわてつや #8FMd.SbU [ 編集 ]
いい線来てますね
やっぱりここまでが早いですね、紙船工法は。
私の場合は横貼りの材料をケント紙でやっています。
何故かケント紙は比較的厚い割りに瞬着が裏まで染み込むので防水がバッチリになるんです。
ここから先の艤装はどんな方法でも工作時間は同じかもですね。
2015/01/26(月) 20:44:19 | URL | 真鶴住人 #xoejNlHw [ 編集 ]
Re: 悩ましいですよね
> ふぢさわさん
アユタヤ坂はかなりうねっていて、コア作りの時に難儀しました。
当方の分割ラインはとっても中途半端なところになりそうです。

瞬間接着剤の塗布は、ノズルからやってました。筆でもできるんですね!
今度試してみます。

私の場合、こういうマイナー艦は飽きない内にできるだけ形にしないと未完成になりやすいので、
猛ダッシュで上部構造物を作ろうと思います。
2015/01/28(水) 17:56:51 | URL | azuken #- [ 編集 ]
Re: いい線来てますね
> 真鶴さん
ほんとに紙船工法の早さとコストの低さは驚きですよね。
横貼りはケント紙でもOKなんですね!!
貴重な御助言ありがとうございます。
確かにケント紙のほうが瞬間接着剤の吸いが良いから、
ボール紙より理想的ですね。
私も次に紙船を作る際に試してみようと思います。
2015/01/28(水) 18:00:06 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/388-3ede4cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック