OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC タイ海防艦「スリ・アユタヤ」製作記02
さてさて、FT氏のまさかのトンブリ造船に触発されてしまい、姉妹艦であるスリ・アユタヤを起工してしまったおいらです。
世界広しといえども、トンブリ級が同一スケールのRC艦で揃うことはかなり~稀なんではないでしょうか?

名付けて・・・

タイ海軍超絶応援企画

トンブリ級再現プロジェクト!


マイナーここに極まれりともいえるタイ海軍の主力艦を、21世紀に蘇らせんとする素敵プロジェクトといえましょう。

「おい、矢矧はどうなったんだ?」という心無い突っ込みなんぞ、寛大且つ賢明な読者諸兄の皆様からでるはずがございません!(確信)

早速、進捗状況であります。
思わずノリで砲塔から作り始めてしまいましたが、常識的に船体の製作に移りましょう。
スリ・アユタヤは全長77m弱しかないので、1/200だと39㎝弱となり、いつもの竜骨バルサ組み工法だと船内スペースが不足してしまいます。

そんな時は・・

紙船工法!これっきゃない♡

この工法は故たちまわり氏が考案されたもので、発泡スチロールで作ったコア(原型)に、湿らせたボール紙を張り子のお面よろしく貼り付けていくことにより、モノコックの船体を作り上げるという、げに素晴らしき工法なんであります!

まずは発泡スチロールでコアを製作します。
平面図を参考にしながら大まかな切り出しを行います。
IMG00878.jpg

切り出しが終わったら、紙やすりで形を整えておきます。
IMG00881.jpg

今度は側面図を参考にして、艦尾の切り欠きやシアーの反りを表現して大まかな船体形状を出していきます。
P1070466.jpg

あとはひたすら紙やすりで整形しまくると、こんなん感じにコアが出来上がります。
IMG00884.jpg

スリ・アユタヤは日本で建造された船なので、同時期の日本艦同様きつめのフレアがついています。
このフレアを上手く表現しないと日本艦っぽさが出ないと思い頑張ってみたのですが、削り過ぎたり、フレアが足りなかったりと何度か失敗してしまい、3度目の正直よろしく三回目で何とか納得のいく船体形状となりました。

船体の断面図が見当たらない場合は、写真を良く見て脳内イメージをしっかり固めた上で作業に入らないといけないですね。

今回の作業の教訓であります!
スポンサーサイト
コメント
コメント
紙船工法ですねー
このサイズは紙船が作りやすいですね、モノコック船体は大きさの割に容積稼げます

彫刻みたいな感覚、イメージが頭に出来るとアッと言う間に完成ですね!

作りたいものに取り組むと楽しいですよね
進捗楽しみにしてます!
2015/01/15(木) 20:04:27 | URL | FT #uT3V.zRU [ 編集 ]
2隻揃えば~!!
フランス海軍も怖くないですなっ!!

まさかのプロジェクトに進捗が楽しみです~♪
2015/01/15(木) 20:37:04 | URL | ナオ #eYj5zAx6 [ 編集 ]
Re: 紙船工法ですねー
> FTさん
久々の紙船工法、楽しみながら作っています!
なるべくFTさんについて行けるように頑張りますが、手が遅いため竣工は遅れるかもしれません。
トンブリの製作記を参考にさせていただき、必ずや完成させたいと思います!
2015/01/16(金) 00:28:06 | URL | azuken #- [ 編集 ]
Re: 2隻揃えば~!!
> ナオさん
ほんとにまさかのプロジェクトに発展してしまいました!
同時に同型艦を作るのって、心が折れにくいのでいいかもしれません。
何とかフランス極東艦隊を打ち破れるくらいにはしたいですね!
2015/01/16(金) 00:30:07 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/386-b5a9c2e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック