OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「ジュセッペ・ガリバルディ」製作記3
さて,船体の製作についてレポートをいたします。
写真は外板の貼り付けが終了したところです。
DSC00248.jpg

DSC00249.jpg

人によって船体の製作法はそれぞれなのですが,私の場合は1mm厚のバルサ材を幅1cmくらいの板状にして骨組みに貼り付けていきます。
この工法は耐久力は高くありませんが,可塑性に富んだバルサ材を使用するので,私のように技術力に不安のある人や初心者にはお勧めです。
補強に関しては,この後ウッドパテで地ならしをしてFRPでガチガチに固めることとします。
また,船首部と船尾部はバルサブロックからの削り出しです。
各所に段差が見られますが,このあとのパテ埋めで一気に埋めてしまいます。
うーん,らくちんらくちん。

さて,次回はパテ埋めに行ってみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
この作り方も速そうですね!
やはり生物と同じで、多様化こそ進化の道と考えるなら、いろいろな作り方があって然るべし!です。
いろんな作り方を見てるだけでも面白いし。
2010/08/20(金) 16:13:35 | URL | マイロン #- [ 編集 ]
私も他の人の作り方を参考にさせてもらっています。同じ工法でも素材が違ったりするのっておもしろいですよね。
しかし,マイロンさんの金属加工にはびっくりでした。あんなにも精密に加工できるとは!!
私は,バルサ工法をもう少し研究して,初めてフルスクラッチをする人がとっつきやすい作り方を見つけたいと思います。
2010/08/21(土) 17:49:43 | URL | azu ken #BP6jF8Xg [ 編集 ]
早業ですね
なかなか早業ですね。

綺麗な船体ですね。

バルサは使ったことがないので興味しんしんです。

硬化処理が見ものですね。

2010/08/21(土) 21:00:41 | URL | 真鶴住人 #- [ 編集 ]
真鶴さん,その硬化処理で大ポカをやらかしてしまいました・・・・。
ちょっと今は多忙なので,もう少ししたら経過をUPさせていただきます。
2010/08/24(火) 22:19:20 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/35-e6223d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック