OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「矢矧」製作記21
ついこの間まで「爽やかだなぁ」なんて感じていたのが嘘のように、すっかり熱帯性気候となってしまったジャングル・シティ千葉からお送りしております。

まぁ、暑いのは嫌なんですけど塗料の乾きは早いよね!ってことでFRP処理の終わった矢作の船体に、さらなる防水処理としてサンディングシーラーをぶっかけようと思います。
このサンディングシーラー、紙模型静岡工場のナオさんが使用していたのを、おいらも真似したみたところ・・・。

So good ! Soooooo good!!

な感じだったわけで、その時からおいらもすかっり愛用している次第であります。ありがとう、ナオさん!

サンディングシーラーは、本来の用途が木部の下地塗り用塗料ということですが、一般のモデラーさんには溶きパテみたいな感じと言った方が分かり易いかもしれません。とにかく乾燥後の研磨性がメチャクチャ良いです。塗布方法は、FRPと同じように筆でペタシペタシと塗りつけます。
IMG00479.jpg

で、サンディングシーラーを3回ほど重ね塗りすると、下の画像のように写真で見ても分かるくらいこってりとした厚塗りの塗膜を形成することができます。
IMG00483.jpg

そうしましたら、あとはもう、ただひたすらにサンディングして表面を平滑にしていきます。
ここはもう修行だと思って頑張るだけですな。
IMG00487.jpg

ここしばらく出番の無い上部構造物の皆様。
なるべく早く船体の上に安住の地を見つけられるようにしてやるからな。もう少しだけ待っててくれい!
IMG00495.jpg

さぁて、暑さと多忙さに負けずに、少~しづつでも作業を進められるように頑張るでや~んす。
スポンサーサイト
コメント
コメント
おぉ! さすがですね!!!
矢矧の美しい姿を水上で拝める日を楽しみにしています( *´艸`)

こちらの長門なんですがパテ整形がようやく終わりそうで、いよいよFRP化に突入しようと考えてるのですがビルジキールって後つけで大丈夫なんですか? 
2014/06/05(木) 01:08:32 | URL | genpaku #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> genpakuさん
ありがとうございます。でも、私の作るもの全てがそうなのですが、至近距離で見るととても荒い作りです。きっと一生かかっても、本格的な精密模型は作れないな~と思います。
さて、ビルジキールの件ですが、私の場合はこの後1.2mmのプラバンを用いて製作します。もし超頑丈なビルジキールにしたい場合は、FRP処理の前に船体に切り込みを入れて、そこにしっかりと差し込むような形で作られた方が良いかと思います。
2014/06/05(木) 06:14:06 | URL | azuken #- [ 編集 ]
なんか呼ばれた気がしたので
多少の段差はコレで何とかなるし、乾燥後の研磨が超楽(笑)

おかげ様で紙船でグヨった事は無いですね~。

矢矧完成が楽しみです~。
2014/06/05(木) 22:58:56 | URL | ナオ #- [ 編集 ]
Re: なんか呼ばれた気がしたので
> ナオさん
あれま~、千葉で軽く呟いただけだと思ったら、静岡まで聞こえちゃいましたか!恐るべし、ネット社会!
てなわけで、サンディングシーラー愛用させてもらってます。
ほんとに、これに出会わなければ船体製作にかかる時間が倍以上違ったように思います。これからも、便利グッズや素材をご紹介してください!
2014/06/06(金) 00:46:45 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/345-e2f24f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック