OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「矢矧」製作記19
今日は息子の小学生最後の運動会だったので、朝から夕方まで一日中外にいたのですっかり日に焼けちまったであります。
ま、そんなことはさておき、矢矧の船体製作を急いでいきましょう!

外板を貼り終えたら、肋骨フレームの間に3mm角のヒノキ棒をカッターで切断したものを根気良くはめ込んでいきます。
ここで注意が必要なのは、ジャストサイズに切り出したものを使わないと船体が反ってしまうことです。
一箇所一箇所、きちんと仮組みとヤスリがけを行って船体の反りを防ぎます。
IMG00362.jpg

テレビを見ながら無理なくマイペースで作業を行い、やっと艦尾までヒノキ棒を設置できました。
この作業が終わると、船体のねじれに対する剛性が高まり、本格的に外板のヤスリがけを行える強度を保つことができます。
IMG00379.jpg

舷側の縁に3mm角のヒノキ棒を設置完了した船体の様子。
IMG00381.jpg

おいらのお船はメンテナンス性を重視したいので、甲板はなるべくパカッと空けられるように作っています。
ですので、甲板の縁を形成する為に、再び舷側の縁に今度は2mm角のヒノキ棒を接着していきます。
IMG00386.jpg

2mm角のヒノキ棒を舷側の縁に貼り終ったら、艦首部やバルバウスバウの凸部等に、木工用の補修パテを盛り付けておきます。硬化したらカッターでサクサク削ることができるので、気持ちよく作業できます。
IMG00389.jpg

さ~て、これが終わったら船体の凹みがある部分をパテで修正しなきゃ♪
スポンサーサイト
コメント
コメント
丁寧です
アップで見てもきれいな造りですね
こういうの性格でるんですよね~、私は雑でやんすよ
2014/05/25(日) 17:24:36 | URL | ふぢさわてつや #- [ 編集 ]
Re: 丁寧です
> ふぢさわさん
ありがとうございます。
でも、近くで見るとかなり雑な仕上がりなんですよ。
なんにせよ、この後FRPをぶっかけた上にサンディングシーラーもガンガン重ね塗りするわけですからね。
この段階では、いけいけドンドンで作っちゃってます!
2014/05/25(日) 21:36:01 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/343-82886c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック