OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「矢矧」製作記15
さてさて、2月はスノーリゾート化した千葉市ですが、最近はすっかり暖かくなりました。

そうです、そろそろアレを再開せねばならん季節になりました。


矢矧ィィィィッ!

おまえの船体、もう一回つくってやんよぉぉぉっ!!

ってなわけで、船体の寸法を間違えて作成するという痛恨のミスを犯したトラウマを乗り越えるべく、矢矧の船体リベンジいってみようと思います!

「ぐへへへっ、今度はまちがえねぇぜ」と心に固く誓いつつ骨組みの下ごしらえをいたします。
まずは、4㎜厚のシナベニヤを作業がしやすい大きさにカットしましょう。
IMG00289.jpg

んでもって、フレームを転写するため、図面の準備をします。
まず、ペパクラの船体図面を任意の大きさにコピーします。
当然おいらの場合は1/200の大きさになるようにしています!
IMG00282.jpg

転写作業がしやすいように、フレームごとに一枚一枚切り離しておきます。
IMG00285.jpg

で、先ほど切り出したシナベニヤの板にセロハンテープで貼り付けていきます。これで転写準備完了です。
IMG00293.jpg


転写開始!おいらは伝統的な手法であるカーボン紙でフレーム図を板に転写するでやんすよ。
IMG00314.jpg

こんな感じで、矢矧船体シーズン2が始まりました!
今回の製作記では、今まであまり丁寧にお伝えする事がなかった船体の作り方を、いつもより少しだけ丁寧にレヴューしてみたいと思います。


スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは。
やっぱ、こういうの大事ですよね。
私も、VISBYの途中写真いれてますが、解説は殆んどないんで(爆)
解説とか苦手なんです。
2014/05/01(木) 20:31:58 | URL | naruchan #cBDQp4Os [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> naruchanさん
どうもです~。
私も解説は苦手なんですけど、思いおこせば船体の自作が一番ハードル高かったかな?って。
1/200艦船模型愛好者を増やすには、船体の自作方法をもっと普及しないといけない気がします。
上っ張りは、みなさん手が器用な方が多いので何とでもなると思うんですよね~。
2014/05/02(金) 07:45:57 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/335-c310740d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック