OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 まるゆ 製作記4
さてさて、三連休をいい事に、暇な時間の全てをまるゆ建造に費やしておりますです。

前回の記事では、手すりの柱として0.4mmの真鍮線を甲板にぶっ刺したところだったと思いますが、そこに0.22mmの銅線を根気良く巻きつけながら手すりを作ってみました。
P1060183.jpg

おいらのこの手すり制作方法は、他の水上艦艇の制作においても同様であります。
手すりが0.22mmの銅線なんて完全にオーバースケールなのですが、多少何かが引っかかったくらいでは切れたりしないので、耐久性を考えると今のところこのやり方が適当かと思っています。

だいたいの形が出来上がってきたので、上半分を軍艦色で塗装しておきます。
P1060185.jpg

こうして見ると、なめらかな流線型のフォルムを持つ海軍の潜水艦とは明らかに違う無骨さを醸し出しております。

正に「海中トラック」といったところでしょうか。

フィリピンには三隻の船団を組んで向かったそうですが、十隻以上の大部隊で徒党を組んだらかなり迫力がありそうでございます。

早く船底にバラストを取り付けてお風呂で遊びたいな~♪

スポンサーサイト
コメント
コメント
塗料のビンと対比するとその大きさが良くわかりますね、小さいッ!

エピソードも毎回楽しく読ませて頂いてます、良く調べられてますね~~~
2014/03/22(土) 18:19:48 | URL | ふぢさわてつや #- [ 編集 ]
早いですね~。
こんばんは。
ホントに連休中に完成しそうですね。
海軍の潜水艦とは違ったフォルムでまさに海中のトラックですね。
2014/03/22(土) 20:17:44 | URL | naruchan #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> ふぢさわさん
本当にちっこい船でして、これで本当にフィリピンまで航海したのかと思うと、乗組員の方々の苦労が偲ばれます。
まるゆは、建造の経緯自体が普通ではないので、エピソードも調べていて興味深いものが多くあります。でも、そのほとんどが海軍との軋轢が生み出したものというのが何ともいえません。
2014/03/23(日) 00:02:55 | URL | azuken #- [ 編集 ]
Re: 早いですね~。
> naruchanさん
こんばんは。
何とか連休中にいけそうですよ~。
でも、今日サブマリンモーターの動作確認をしてみたら、バッテリーが死んでました・・・。
買いなおすしかないかなぁ。
2014/03/23(日) 00:04:14 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/326-1cb4b8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック