OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
巡視船いず訪問記
昨日、ひょんなきっかけから千葉港に入港中の海上保安庁巡視船「いず」の船内ツアーに参加することができました。

いずは阪神・淡路大震災を教訓に大規模災害に備えた「災害対応型巡視船」として建造されたのだそうです。


船の後部には巨大なヘリ甲板が設置されています。
IMG00075.jpg

ヘリ甲板に隣接した上部構造物は、一見するとヘリ格納庫ですが一体中身は何でしょう?
IMG00076.jpg

こんなん感じに、潜水士(海猿)のみなさんの用具庫になってました~。ボンベとかもたくさんあるでよ。
IMG00078.jpg

また、隣は水深200mまで潜る事のできる自航式水中カメラの格納庫でした。
下の写真の黄色い物体がそれです。亡国の工作船が撃沈された事件において、沈んだ工作船の調査を真っ先に行ったのがこの水中カメラなんだそうです。
ちょこんとおすましして鎮座しておりますが、とんでもない歴史的な仕事を成し遂げた水中カメラ界の英雄なんでございますなぁ。ありがたや~ありがたや~。
IMG00079.jpg

お約束のブリッジ内部。船は大きいのに、舵輪が車のハンドルみたいなのにはやっぱり違和感があります。
海の男たるものキャプテン・ハーロックみたいに、威勢よくでっかい舵輪をぐるぐるとブン回してもらいたいものでございます。
IMG00080.jpg

ブリッジの奥にある事務室?
船内を案内してくれた女性乗組員の方によると、普段乗組員はここで事務仕事を行うのだそうです。
公務員なので、船乗りとしての仕事以外に役人仕事もあるんですね。ご苦労様です。
IMG00082.jpg

マスト。よく見ると色んな部品がくっついてます。
IMG00083.jpg

ブリッジ屋上からの眺め。最高っす!!
IMG00085.jpg

20mm機関砲。白い優雅な船体にあまり似つかない装備です。
IMG00086.jpg

巨大なファンネル。
IMG00087.jpg

ブリッジの先っちょにある小型のマスト。航海灯とかがくっついているのでしょうか。
IMG00088.jpg

ツアーの間、乗組員の皆さんが付き添ってくださり、様々な質問に丁寧に対応してくれました。

先日の朝日新聞に、世界中から注目される海上保安庁の巡視船という内容の記事がありましたが、誇るべきは組織のシステムでも、船の性能でもなく、職員一人ひとりの質の高さである気がしました。

人を育てるのには莫大な時間と労力がかかりますから、他国が海上保安庁を真似たとしても、同じレベルに達するまでには相当な時間がかかると思いますね~。

やっぱ、日本の資源は人ですな!
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは~(^^)v
楽しげなイベントですね。
ブリッジなんて普段は見られないですからね。
マストの足場の裏側の補強材とか萌えますね(゜ロ゜;
あ、1/200のホーネットの箱だけですが見てきました。
マジ、デカイっす。
2013/08/23(金) 14:05:59 | URL | naruchan #cBDQp4Os [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> naruchanさん
いや~、仕事で行ったはずですが、すっかり楽しんじゃいました。
ブリッジは感動でしたよ~。
乗組員の方に「最高の職場ですね」って言ったら、「ええ、職業人としてこの船に乗らなければ私もそう思います」ですって。w
やはり、趣味と仕事は一緒じゃない方がいいのかもしれませんね。
ホーネット、私も近所のタムタムで発見しました!
マジでかいっすね。アークロイヤルだったら即買いだったんですけどね~。
2013/08/23(金) 23:39:06 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/285-bdc40ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック