OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
スパダ岬沖海戦(学園編)
さて,お気楽海洋コラム「あの船・この船」も今回で3話目となりますが,読者諸兄からこんなご意見を頂戴しました。

「なんかー,外国の船の話ばっかりでよく分かんないんだよね。名前も聞いた事のない船の話ばっかりじゃん。身近に感じられないっていうか,イメージしにくいんだよね。ちょっと,そこんところ何とかしてよ」

反省である。いや,猛省である。

お客様第一主義をモットーとする当工廠として,あってはならぬことである!
外国船の魅力を身近に感じて頂く為には何をすべきなのか!!

我々の出した回答はこれだー!!1.2.3!!

前回ご紹介した海戦(スパダ岬沖海戦)を,読者の皆様がより身近に感じられるように学園ドラマ仕立てにしてみました!!(ワー,パチパチパチ!!)
それではどうぞ!!


毎日満たされない日々を送っている不良の兄弟コレオーニとジョバンニ。
二人はかつて陸上部で短距離走のエース選手だったのだが,今は退部しゴロツキに成り下がってしまったのだ。
二人の家は貧しく,満足に三度の食事も食べられない程であった。そこで二人は,何か楽しい事でもしようと,廊下で下級生を恐喝することにしたのであった。

獲物を求めて1年生の廊下を歩いていると・・・いたいた。いきがって廊下でたむろする3人組みを発見。正にターゲット・ロックオン状態である。

コレオーニが吼える!「邪魔なんじゃ,そこをどかんかい!!公共の廊下でたむろするとは許せんなぁ」
「しっかり罰金払ってもらうぜぇぇぇ!!」ジョバンニも追い討ちをかける。

震え上がる3人組。ついに恐さにたまりかねて逃走しはじめた。

しめしめと追い始めるコレオーニとジョバンニ。かつて陸上の県大会で入賞した彼らから逃げきれるはずがない。3人組を追いながら,余裕しゃくしゃくで脅し文句を叫ぶのであった!!

「ごるぁあ!諦めて早く金出さんかい!!」(コレオーニ)
「有り金,全部やぞー!嘘ついたらあかんでー。嘘は泥棒の始まりやからなぁ!」(ジョバンニ)

そこに,偶然通りがかった新人体育教師シドニー(専門は柔道)。
彼は,荒れ果てたこの学校を建て直すため,風紀委員長を連れて見回りをしていたのだ。
彼らは恐喝を目撃するや,猛ダッシュで現場に急行する!!

「どうした?震えて声も出せへんのんかぁ~,諦めて早よう捕まらんかい!!」と,いい気になって校舎中を追い回していたコレオーニとジョバンニだが,やっと突進してくる体育教師シドニーと風紀委員長に気がついた。

「うぉっ!!体育教師のシドニーと生徒指導主任じゃねぇか!!ジョバンニ!これはまずいぜ!」
「どうする!?コレオーニ兄貴!」
「ここは一旦逃げるしかねぇ!」と,今度は反対側に走りはじめた。

本当はベテランの生徒指導主任ではなく,ただの風紀委員長なのだが,焦った二人にはまともな判断力がない。
廊下の端にある階段まで来た時にコレオーニが叫んだ。
「このままじゃ二人とも捕まっちまう。二手に分かれるぞ!!俺は上に行く。お前は下に行け!!捕まるんじゃないぞ。散!!!」
二人は階段の上と下とに分かれて逃げはじめた。
ここが運命の分かれ道とも知らずに・・・・

階段まで来たシドニーは,はぁはぁと肩で息をしながらこうつぶやいた。
「ばかめ,この上は行き止まりだ。屋上の扉の鍵は俺がさっき閉めたばかりだからなぁ」
ゆっくりと階段を上がっていくシドニー。その顔には残忍な笑みさえ浮かんでいる。
いくらコレオーニの足が速くても逃げ場の無い所では意味が無い。また,コレオーニが逆上して殴り掛かってきても,大学まで柔道をやってきたシドニーにとって,その方が手っ取り早く事が済むだけだ。

数分後,夕日でオレンジ色に染まる校舎から,コレオーニの悲鳴が,長く,細く,聞こえてきたそうな・・・・・・


終劇





ふぅ,これ相当無理あるな・・・
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
面白かったけれども
面白かったけれども・・・・
フッドの皮むきを早くやりましょうよ。

上部構造物のデータはMS.JPさんにあるでしょうし。

と人の苦労を省みず言うのでありました。
2010/07/13(火) 09:38:18 | URL | 真鶴住人 #mQop/nM. [ 編集 ]
今度実家に帰った時にフッドの船体も持ち帰ろうと思っています。
とにかく保管場所の棚を作る事からはじめないといけません。

それより前に,どうやって家族にフッドを持ち込む事を納得させるかが最大の難関でしょう・・・。









2010/07/13(火) 23:27:17 | URL | azu ken #WihIjaw2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/28-ef423ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック