OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 ビスマルク考 その2
さて、ちょっと前の記事でトランペッター社から発売された1/200ビスマルクの話題になって気がついたことがある。

思えば、1/200スケールのビスマルクのキットって、すごくたくさんありませんこと?

1/200スケールの戦艦ともなると、保管するだけでも寝そべった幼児一人分くらいのスペースを奪われるわけだが、こともあろうにドイツの誇る大戦艦ビスマルク様は、前述のトランペッター社のプラモに始まり、アシェット社のハイブリッドモデル、そして忘れてならないのはドイツ本家のアエロナウト社の素材集(敢てキットとは言わんぞな)と、3種類もの1/200模型があるわけだ。

これが、艦船模型の王道スケールである1/700だったら、ガレージキットも含めると星の数ほどあるに違いない。

何故に、ビス様はかくも人気者なのか?

ラオウばりの剛拳一発で英国海軍の誇りだった巡洋戦艦フッドを葬り去り、しゃしゃり出てきたプリンス・オブ・ウェールズに対しては「若造はすっこんでろ!」とジャイアンパンチ(のび太の顔面に拳がめり込んでるあれね)をお見舞いして、秒殺KOしたからなのか。

はたまた、処女航海で沈没したタイタニックのように、初の作戦で轟沈して果てた悲劇性からなのか、ともかくその短か過ぎる生涯において、栄光と挫折を眩しいくらいに演じた艦船界の名役者であったことは間違いない。

しかも猛烈に男前だ!やっぱりラオウみたいだね~。

ちなみに、こすい動きしかしていないイタ〇ア戦艦ローマあたりは、さしずめアミバみたいな感じかな。

「うわらば」とか意味ぷぅな言葉を叫んで爆死しちゃうあたり、まさにハマリ役といえるでしょう。

我らが超弩級戦艦大和は・・・最強の防御力ってことでハート様とか言ったら、大和マニアの方に怒られちゃいますね♡「ひでぶ~」。

さて、1/200スケールの模型に話を戻すと、ドイツ艦艇はビスマルクに限らず、なんとびっくり未成空母のグラーフ・ツェッペリンまで、LINDBERGというメーカーさんから出ているとか、出ていないとか、出る予定だとか・・・。

その他にも、アエロナウト社の素材集には、巡洋戦艦シャルンホルスト、ポケット戦艦グラーフ・シュペー、重巡洋艦プリンツ・オイゲン、軽巡洋艦ニュールンベルグが取り揃えられており、その気になれば一人RCドイツ艦隊を編成できるんであります!(万歳三唱)

※これら全ての総額は数十万円になると思われますので、気合いのボーナス全額投入、もしくはご家族からの借り入れをご検討ください。

さぁ、今こそドイツ艦艇ファンの諸兄は、1/200で大ドイツ海軍を再現すべく、ネットショップをググりまくってポチするべきでありましょう。

もし、スペースの関係でお悩みの場合には、模型ではなく水揚げ漁港から直送したキハダマグロかブリ一尾分と思えば、何とか我慢できるものと推察されます。

それでは、諸兄の健闘祈る!ジーク・ハイル!

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは。
やっぱ、日本戦艦とは違う美しさがあり、悲劇性もありますからね。
トラペのビスはオプションで、金属砲身やスクリュウなんかもありますからね。
しかも、お値段¥30000程度とお買い得です。
このペースで、1/200の艦艇をリリースしていただきたいですね。
2013/03/14(木) 21:18:05 | URL | naruchan #cBDQp4Os [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> naruchanさん
こんばんは。
かなりの出来で御値段¥30000は素晴らしいですね。
私のアエロナウト・ビスちゃんは・・・・・。
とにかくトランペッターの1/200艦船シリーズから目が離せませんね!
2013/03/15(金) 20:35:03 | URL | azu ken #- [ 編集 ]
ご無沙汰様です。
タミヤのティルピッツは個人的RC化第3弾だっけかな?ドイツ艦は艦橋のでっかい探照灯と煙突両サイドの探照灯カバーの形が苦手で。笑
トラペ次は何作るんですかね。
アリゾナ、ビスとくると、フッド、大和、ローマ
あたりは本命かな。轟沈つながりで。
2013/03/17(日) 23:49:51 | URL | マイロン #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> マイロンさん
こちらこそ御無沙汰しております。
トラペの次の新作も楽しみですね!
個人的にはフッドとか出してくれると嬉しいのですが、レパルスやリナウンも捨てがたい・・・。
とか妄想していると、結果キングジョージ5世とかの無難な線に落ち着いてしまうんですよね~。
イタリア戦艦とかフランス戦艦なんか夢のまた夢でしょうなぁ。
2013/03/18(月) 21:23:01 | URL | azuken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/258-23a7abff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック