OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 紅箭型ミサイル艇「南海」製作記その1
さて、この前の土曜日にnaruchanさん御夫妻と、gorizoさん、マイロンさんと秋葉原で新年会チックな集まりをしてきたのですが、せっかくアキバに行くのだからということで、少し早めに家を出てレオナルド模型店を覘いてきました。
お店が以前の場所から少し離れたころに移動していたのですが、商品は概ね以前のものを引き継いでいるようです。
当然、艦船コーナーに直行して掘り出し物がないか物色していると・・・・。

「1/200」の文字が飛び込んできましたよ~。すかさず手にとって確認してみると、見慣れぬミサイル艇のプラモのようです。しかも1000円という御値打ち価格のため、即座に購入を決断という運びになりました。

で、そのプラモの外箱はこんなん感じです。
P1050054.jpg

どんなお船なのかは、後日調べてアップしようと思います。

とりあえず、外箱から判断する限り、見るも立派な中華プラモのようでございます。
箱の横にはこんな図が。幼き日々にどこかで見たことがあるような気がするのはおいらだけではないはずだ。
P1050055.jpg

景気よく、ぱかっと箱を開けると、ご丁寧にこんなものまで入っていたのでやんす。
P1050060.jpg

こ、これは!?製品の質についてとやかく言われることの多い中華製品ですが、このキットは2回もの厳しい製品検査を潜り抜けてきた逸品なのでありましょう。よもや、検査とは名ばかりのパーツ箱詰め作業において、検査官と称する出稼ぎパートのおばちゃん(雲南省出身)が、「これもおまけじゃ~」と景気良く一枚余計に放り込んだものではないことを祈るばかりです。

そして、キットの内容はこんなん感じです。
P1050056.jpg


おぉ!普通にプラモだ!

以前制作した某ポ国模型メーカーACCURA社謹製のキットのように、手で引きちぎったような裁断の説明書でもなく、筋彫りがひん曲がっているわけでもなく、あろうことかプラ材に異物が混入しているわけでもなく、多少モールドがダル~い感じがするのを除けば十分に満足のいくキットであります。

というより、フルスクラッチする手間隙を思えば、キット化して下さっただけでもありがたくって涙がちょちょぎれるってもんですよ。

で、こんなマイナーなミサイル艇をキット化して下さった慈悲深いメーカーは「LEE」という御名前なんだそうです。
他にどんなラインナップがあるのか気になったのでググってみましたが、ジーンズのLEEとブルース・リーばかりヒットしてしまい全く出てきません。
あまりにも正確無比なるキットをおつくりになる為、軍部の情報統制下に敷かれたものと推察されます。

そんなことを考えつつ、軽く仮組みしてみると・・・。
P1050061.jpg

ぐはっ!全然箱絵の写真と似てねぇじゃねーか!(怒)

てなわけで、怒りを抑えつつ粛々と作業に臨もうと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは。
やっぱギガテンでRCにするとか。
水中モーターにして、フネカンにエントリーとか、色々出来そうですね。
私も、数年前1/200につられて、話題になっている江衞級フリゲート買っちゃいました。
日本のキットと違いモーターライズなだけでも嬉しかったです。
出来は???なキットでしたが、あるだけでも嬉しいキットです。


2013/02/11(月) 16:29:07 | URL | naruchan #cBDQp4Os [ 編集 ]
いつも楽しく拝見しています。

走らせるのですか?
長さ56mのフネですから、28cmですか。
600tとして75gでは、私などは到底手が出ません。
2013/02/12(火) 21:03:10 | URL | 衣笠栄三 #LQlo2EmY [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> naruchanさん
なんと!やはりさすがはnaruchanさん、中華製1/200艦艇を既にゲットされておりましたか。
お察しのとおり、ギガテンの内臓を移植してRC化しようと目論んでおります。
これからの時代は中華艦隊っすかね?
2013/02/12(火) 21:36:43 | URL | azu ken #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 衣笠栄三さん
コメントありがとうございます!
また、このような怪しげな船ばかり取り上げ、しかもなかなか完成しないという、いい加減ブログにもかかわらずご覧頂き恐縮です。
今回はギガテンバギーという超小型ラジコンを使用して、お手軽RC船にしてみようと思います。
プラモ改造なので、あっという間に完成させる予定です。(あくまで予定です)
よろしければ、これからもお時間のある時にでも覘いていただけると幸いです。
2013/02/12(火) 21:41:50 | URL | azu ken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/249-a6d4445f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック