OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
忘れ去られた豪華客船~フランス客船「ラトランティーク号」~
さて、世界一有名な豪華客船といえば、言わずと知れたタイタニック号がありますが・・・・え!?何々、日本で一番有名なのはS.S.コロンビア号ですって?
そうですねぇ、そういう線もありですよねぇ。

しかし、今回皆さんにご紹介したいのは、フランスの誇る豪華客船でございます。
そう、その名は「ラトランティーク号!!!」(みなさん拍手!!)

ん!?どうしました?拍手、少ないみたいですけど。
え!?何々?そんな船知らねぇって?

そうでしょうねぇ、この子ちょいとブサイクな上に運までなかったんで、歴史の闇に葬り去られちゃったんですよ。かわいそうでしょー。性格(内装)はホントにいい子だったんですよー。ちょいと話だけでも聞いてやってくださいよー。

と,いうわけでラトランティーク号。1931年にフランスのボルドーを本拠地とするシュド・アトランティーク社が,ボルドー~ブエノスアイレス航路の為に建造した客船なのです。総トン数42,512トン。堂々たる巨船である。見てくれこそ,角ばっていて当時流行していた流線型の「り」の字もないくらいだが,内装はそれこそ群を抜いておしゃれだった。

(船の全景)
DSC00112.jpg

そもそも,内装には当代屈指の漆芸家であるジャン・デュナンが参加し,彼が手がけた壁面パネルや,大理石でできたグランドサロンなどがあった。また,徹底したアール・デコ様式であり,そのスタイリッシュさは今の目で見ても新しさを覚えるほどである。
おまけに,全長140メートルにも及ぶショッピングモールを船内に設置し,それらは後に空前絶後の豪華客船ノルマンディー号にも引き継がれて行くのである。

(船内ショッピングモールのカラースキーム)
DSC00113.jpg


おまけに,この船のポスターはアール・デコのデザインで有名なカッサンドルが手掛けており,その点でもシュド・アトランティーク社の本気と鼻息の荒さが伺える。カッサンドルは後にノルマンディー号のポスターも手掛け,そちらは現在でも雑誌等で散見するほどの名作となっています。何だか,実船の運命そのまんまって感じです。

(ラトランティーク号のポスター)
DSC00114.jpg

さて,これだけ派手で豪華であったのに,今では全くと言っていいほど忘れられた船になっているのは,ひとえにこの船が極めて短命であったからに他ならない。1933年に,なんと建造からたった一年三ヶ月で船火事をおこして全損となってしまったのだ!!短命すぎるにも程があるってもんだ。しかし,このラトランティーク号。船会社こそ違えども,様々な点で不朽の名船ノルマンディー号に繋がっていくものを残したのである。

(焼け落ちたラトランティーク)
DSC00115.jpg


船マニアの叶わぬ望みとしては,ラトランティーク号とノルマンディー号が並んだ写真を,ウイスキーを片手に眺めたいなぁ,と思ってしまうのです。

ちなみに,今回の記事はこちらの本を参照しています。
正にラトランティーク号についての決定版ともいえる内容です。
オーシャンライナーファンは,すかさずゲットだね!!
DSC00102.jpg

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/23-c92f33d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック