OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
思ひ出の艦船模型 其の壱
さて、おいらは今でこそ自分で作った船の模型にラジコンメカを積み込んで、自由気ままに船を動かすことを楽しんでおりますが、そのスタートはやはりモーターライズド・プラモデルでございました。

今を去ること30余年、当時小学生になったばかりのおいらは、ニチモの30センチシリーズ(当然大和)をGETして、当時持てる工作技術の全てを駆使して何とか作り上げることに成功したのであります。嬉しさのあまりに、当時宝物にしていたロボダッチのタマゴローを舳先にくっつけてしまった事も、今となっては良い思い出です。

そして、勇躍その大和を片手に近所の池へと繰り出したのでありました。
期待に胸を膨らませ、震える指でスイッチを入れていざ出港!


おいらの大和は、それはそれは見事に走りました。

はい、事実立派に浮かんで、走ったのです。

たとえ、それが10秒に満たない時間であったとしても・・・。


おいらの大和(with ロボダッチ)は、するすると岸を離れたかと思ったら、あれよという間に傾き始めて、ずぶずぶと舳先から沈んでいき、あっという間に池の底へとお隠れあそばされたのであります。

苦心の末に完成した大和が、水の上に浮いた時の喜び。
スイッチを入れ、走り始めた時の胸躍るような興奮。
傾き始めた時の何とも言えない不安。
沈没した時の、この世の終わりが来たかのような絶望。


喜び→興奮→不安→絶望


読者諸兄よ、想像してほしい。
この、喜びから絶望への壮大な心理的大変化を、わずか10秒の内に経験してしまった少年の胸の内を!

大和の消え去った水面を茫然と見つめていたおいらの心境は、まさに諸行無常・・・。
おいらは6歳にして、古典の真髄を実体験してしまったのでありました。



つづく
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
コメント
思いだしました!
誰でも、同じような経験があるものですね。沈む瞬間は悲しいものです。
2012/05/08(火) 23:38:24 | URL | naruchan #cBDQp4Os [ 編集 ]
私も手を離れた瞬間墜落した飛行機とかありましたね(苦笑)

初めての瞬間のドキドキは期待とリスクなんでしょうね

大和の場合は守護神たるタマゴローに重心とバランスの問題があったんですかね(^_^;)
2012/05/09(水) 07:19:42 | URL | ふぢさわてつや #- [ 編集 ]
Re: 思いだしました!
> naruchanさん
船の模型をやっている方なら、みんなが通ってきた道ってやつですかね。
RC船のいいところは、やばいと思ったらすぐに帰ってこられるところですね。
ただのモーターライズだと、やばくても指を咥えてみているしかないですものね。
2012/05/09(水) 15:22:16 | URL | azu ken #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>ふじさわさん
沈んだ原因は、船体の上下の接着不十分や何よりグリスボックスの防水がざるだった事など、たくさんあると思います。今思うとタマゴローをくっつけてたせいで傾いたのかもしれませんね・・・。飛行機のラジコンも墜落させるとさぞかしショックでしょうね。木っ端微塵になってそうだし。
2012/05/09(水) 15:25:42 | URL | azu ken #- [ 編集 ]
私は戦艦長門だった
中1くらいかな、30cmくらいの長門を作って嵯峨野の広沢の池で父と手漕ぎボートに乗って浮かべました。
舳先が割れて(接着がはがれて)危うく沈没でした。何とかボートを回頭させて、すんでのところで舳先を捕まえてサルベージに成功しました。「何とかなるさ」という楽観主義が芽生えた瞬間でした。
2012/05/11(金) 23:15:54 | URL | 真鶴住人 #xoejNlHw [ 編集 ]
Re: 私は戦艦長門だった
>真鶴さん
お父様と手漕ぎボートで模型船なんて、すてきな思い出ですね。
私の父は、日本海軍の船ばかり作っていたら、
「男はやっぱりドイツだろ!」とか言って、Uボートのプラモを買ってきました。
父さん、小学生に潜水艦の魅力はちょっと早すぎるよ・・・・。
他にも、ガンダムのドムのプラモが欲しいと頼んだら、間違えてパチもののソドムのプラモを買ってきちゃうちょっとずれた人です。
2012/05/12(土) 20:58:43 | URL | azu ken #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://azuazupapa.blog119.fc2.com/tb.php/187-e7044991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
さて、おいらは今でこそ自分で作った船の模型にラジコンメカを積み込んで、自由気ままに船を動かすことを楽しんでおりますが、そのスタートはやはりモーターライズド・プラモデルでございました。今を去ること30余年、当時小学生になったばかりのおいらは、ニチモの30セン...
2012/05/09(水) 03:54:40 | まとめwoネタ速neo