FC2ブログ
OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「ラ・ガリソニエール」製作記03
ここ最近、永遠に続くかのような梅雨の中で、ヒタヒタと新型コロナが勢力を拡大中でもあり、あまり外出することができないので、模型の製作だけが順調に進んでおります。

さて、今回はいよいよ船のお顔ともいえる艦橋の製作に入ります。
「ラ・ガリソニエール」の艦橋は、当時の仏巡洋艦のスタンダードスタイルでもあった三脚構造でした。

このタイプの艦橋は、各フロアの柱が抜ける穴の位置が正確でないと艦橋が歪んでしまうため、図面に忠実に作らねばなりません。おまけに、組んでからだと塗装ができなくなる部分が多いので、各フロアごとに、組み立てとある程度の塗装まで済ませておく必要があります。こんなん感じですわ。
IMG_0688.jpg

んで、大雑把モデリングのおいらにしては珍しく、慎重に慎重を重ねて、図面通りの位置に穴を開けたんですわ。

ほいだら、艦橋がそり返っちゃったよ!

あまりのショックに写真撮り忘れちゃったんですけど、まるで強烈なアッパーカットを喰らって、思いっきりのけ反ったボクサーみたいに情けのない姿になっちまいました(T-T)

俺、どんだけ不器用なのー!!って、激しく落ち込んじゃったんですけど、落ち着いてよく確認したら、元の図面の穴の位置がずれずれでしたわー!

恐るべし、プロファイル・モリスキーの図面・・・。

そんなわけで、泣く泣く穴の位置を実物合わせで修正しました。
画像は確認作業中の艦橋っす。
IMG_0689.jpg

特にグレーチングのあるフロアの穴の位置が激しくずれており、図面の制作者が目の前にいたら、間違いなくお茶を顔にぶっかけていたかもしれません。

そんな悲劇的なトラブルにもめげずに、ゴイゴイと作業を進めて大体完成しましたよー。
隣にあるのは同スケールの「こじま」の艦橋です。元海防艦と比べるとさすがに巡洋艦はデカイです!
IMG_0691.jpg

そして、毎度やってしまうのがこの電飾。
走航会はほとんど真っ昼間に行われることが多いので、全く役に立たない装備になってしまうのですが、いつかは夜間走航会を開催すべく準備だけはしておくのであります!
IMG_0693.jpg

そんなわけで、何とか順調に「ラ・ガリソニエール」の製作は進んでいるのでありました~♪

スポンサーサイト