OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
2017.06.18 稲毛海浜公園
いやはや、前回「呂500」の公試からそんなに日はたっていないのですが、マイロンさんが2隻目の「呂500」を開発しちゃいましたよ!
今回の「呂500」は、不調だった潜航装置を排して、方向転換も舵を使わずにモーターの回転差で行うシンプルな方法に変更し、徹底的に軽量化を図ったバージョンとなりました。
そして、モーターの過熱を抑えるために、なんと船外にモーターを露出させて、直に池の水で冷やしちゃおうという、スーパー・ワイルドな水冷方式を選択!(漢すぎるぜ、セニョ~ル!)
DSC_1591.jpg
しかし、残念ながら今回の公試でも満足のいく成果を得ることが出来ず、更なる改良を目指すことになりました。
やはり超小型潜水艦のRC化は容易ではありません。「1/200艦船模型倶楽部」きっての技術力を誇るマイロンさんをもってしても簡単には超えられぬ壁なのであります。

しばらくドック入りしていた、りんたんさんの「雪風」。
今回の改良により、驚異的な運動性能を得ることになりました。旋回半径の小ささには本当にびっくりです。
DSC_1593.jpg

おいらの「矢矧」。とりあえず水偵乗っけてみました。
DSC_1592.jpg

反航する「雪風」と「矢矧」。ここにnaruchanさんの「大和」が加われば、水上特攻トリオの完成です♪
DSC_1596.jpg

旋回運動中の「矢矧」、「雪風」。水柱でもあれば、対空戦闘中の一コマのようです。
DSC_1598.jpg

りんたんさんの「球磨」と並んで停泊する「矢矧」。大発を持ってきて浮かべておけば、停泊中っぽい写真が撮れたかもしれないと今になって後悔・・・。
りんたんさんと話していたら、モジュール式の桟橋を作ったら面白そう!ということになり、今後素材や製作方法、サイズ等を研究してみたいと思います。
DSC_1603.jpg

本日の走航会には、「ちば素敵艦隊」のイベントでPAやカメラマン、ディレクターと多岐にわたり活躍中のH氏や、ここ数年イベントに参加してもらっているI氏も参加され、とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
ちなみに両氏も1/200でRC艦を建造中であり、近い将来ご一緒できることを楽しみにしております。

さて、来月の17日は、いよいよ「千葉みなとマリンフェスタ」です!
準備がんばるぞ~!!
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用