OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
2014.07.27 彩湖南部水域
さ~てと、ごっつぅ暑い中でしたが埼玉県の彩湖で合同演習してきたであります。

まずは、参加艦艇の御紹介。
遠路遥々御参加頂いた芦ノ湖艦隊真鶴住人さんの新作、重巡加古。かっこいいです!
P1060706.jpg

P1060740.jpg

同じく真鶴さんの戦艦日向。6砲塔バージョンというのが泣かせますなぁ。大艦巨砲主義者の夢が具現化したようなお船です。
P1060708.jpg

真鶴さんの空母隼鷹。1/200で空母を作られる方は少ないので極めて貴重な存在です。
P1060712.jpg

P1060717.jpg

圧巻は甲板に並んだ艦載機。これを作る苦労を想像するだけで涙がちょちょぎれます。
空母は人気の高い艦種ですけど、艦載機の大量生産が高すぎるハードルとなっていることは間違いありません。まさに選ばれし者のみが空母のオーナーとなれるのです!
P1060715.jpg

おいら、個人的にこの傾斜煙突が大好きなんすよ♡
萌えるな~。
P1060754.jpg

すまさんのドイツ戦艦ビスマルク。日向と仲良く並んでパシャり!こんな実際にはありえない光景を再現できるのも同一スケールの楽しみの一つです。
P1060709.jpg

もはやおなじみのマイロンさんの戦艦霧島。今回は変態行為無しでした。残念!
P1060723.jpg

今回の演習でホスト役を務めて頂いたりんたんさんの駆逐艦初月。この後、とんでもない悲劇がこの船を襲います・・・。
P1060747.jpg

おいらのデ・ロイテル。お船自体は快調だったものの、ほとんど走らせることができませんでした。泣
P1060711.jpg

稲毛で何度が御一緒したDENさんのタグボート上総丸。1/35スケールなので超巨大です!おまけに完成度が恐ろしく高いので、遠目に見ると本物そのもの。驚異の工作力です。
P1060734.jpg

この上総丸、ただでっかくて迫力があるだけではなく、本物のタグよろしく戦車ばりの超信地旋回もできちゃいます!
巨大タグがグルグル回っている様は、まるで力士が出し投げの練習をしているみたいで「彩湖の湖面は俺の土俵」って具合でした。
P1060729.jpg

お船の紹介を終えたところで、演習自体がどうだったのかというと・・・

波、高すぎ!

うねり、強すぎ!!

おいらの船、弱すぎ!!!

という散々な結果でありました・・・。

さすがは彩湖、お池仕様の船に発泡スチロールを突っ込んで不沈仕様にしたところで、簡単に立ち向かえるような相手ではなかったようです。湖の名を冠するだけあって稲毛の池とはグレードが違いすぎます!

おまけに東関東組は、マイロンさんの霧島を除いてマシントラブルが相次ぎ、早々に陸揚げ。
走航可能なのは芦ノ湖で鍛えられまくっている真鶴さんのお船と、「こんくらいの波が丁度良い!」って感じのDENさんのタグボートのみという状態でありました。

が、しかし、このままでは彩湖艦隊の名折れとばかりに、りんたんさんが何を思ったか戦艦すら航行を断念したダッパラパ~ンな湖に、何と駆逐艦初月で強行出撃!

最初のうちは快調に航行していたのですが、巨大な横波を受けてしまい転覆!
残念な結果ではありましたが、まさに男の中の漢といえましょう。(拍手)

同じく彩湖艦隊のメンバーであるすまさんの証言。
「いや~、私は波がやばいとすぐに引き上げるんですけど、りんたんさんはいつも絶対に出撃しちゃうんですよね。」
りんたんさんには、敵が強ければ強いほど燃え上がる戦士の血が流れているのでありましょう・・・。

こんな荒れ狂う水面でもすいすいと泳ぐ真鶴さんの加古。
P1060738.jpg

当初、すまさんのビスマルクとおいらのプリンツ・オイゲンでライン演習再現!なんて淡い期待を抱いていたのですが、彩湖の野生の拳によって見事に粉砕されちまいました。

おそるべし、湖!

称えるべし、自然!

そんなわけで、艦隊写真はあまりないのですが、とりあえず撮れたものを御紹介しましょう。
手前が霧島で奥が日向。
P1060693.jpg

同じく霧島、日向、奥に見えるのは加古。
P1060696.jpg

手前から、日向、大和、霧島。
P1060700.jpg

上総丸を先頭にして隊列を組む隼鷹と日向
P1060720.jpg

日向と隼鷹。
P1060721.jpg

加古に続行する霧島。
P1060704.jpg


まさかの出落ちとなってしまった大ドイツ艦隊の残念なお二人。このまま一発ギャグみたいな艦隊行動で終わるのか!?
P1060762.jpg

おいらのお船は、基本的にメンテナンス性を最重要視しているので、甲板がパカッと外れるようにしてあるのですが、湖でも耐えれるようなお船も1隻くらい用意しなくてはなりませんなぁ。

とりあえず、手持ちの船の中では抜群の耐久力を誇るプリンツ・オイゲンを改装して、ガチムキ・マッチョな船に仕立て上げようと思います!

で、最後に今回の演習で一番びっくりした事と言えば、精密すぎる青函連絡船の作者として有名なkeiichiさんが、何とママチャリで上野から彩湖までキコキコと見学しに来られたことです。上野から彩湖って、20キロ以上ありますよね・・・。

Keiichiさん、模型の製作技術だけではなく、行動力も普通の人とはケタが6ケタくらい違う気がします。

あ、あと普段はRC戦車を嗜まれているむろさんも見学にいらっしゃり、現在建造準備中の1/200アリゾナとホーネットについてお話を伺うことができました。完成の暁には、彩湖をメインにRC艦船デビューしたいとのことなので、お待ちしております!

そんなわけで、てんやわんや且つ大変充実した一日でありました!
演習に参加した皆さんに感謝申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用