OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「矢矧」製作記11
さて、船体のスケールを間違えるという凡ミスを犯してしまい、矢矧の制作意欲がモリモリと減退してしまっておりました。

それどころか、最近では戦車のオンラインゲームに現実逃避しながら「やっぱ時代は戦車道だよな~♪」と、一人ディスプレイに向かって呟くほどに落ちぶれていたおいらであります。

しかし、机の上に打ち捨てられていた矢矧の艦橋が訴えてくるんでありますよ。

「いいのか~?それでいいのんか~~?」
「お主はそれでも、お船マニアを自称するんか~~?」ってね。

はい、すんませんでした。おいら、もう一度がんばるっす!

てなわけで、生まれたての仔馬のようにプルプルと震えながら、折れた心を震え立たせつつ矢矧の製作を再開いたしました。(喝采)

まずは、改めて各部の採寸を行ったところ、主砲、艦橋、魚雷発射管は、ほぼ1/200スケールでしたが、びみょ~に小さかったのが煙突と高角砲、それに高射式装置とその土台でした。(結構あるな、おい・・・)

無視できる範囲の誤差ではあるのですが、煙突に関しては艦のシルエットが変わってしまうので作りなおさざるを得ません。特に阿賀野型はどっしりとした煙突の存在感により、細身だけれども力強いイメージを保っているように感じるので、個人的には多少でかいくらいでちょうど良いように思います。

もう、こうなりゃ全部作り直すしかないので、気合いを入れて再製作です。

あ~しんどっ!

問題の煙突。手前が旧作で奥が新作です。
P1060071.jpg

再製作したその他もろもろのパーツ。
P1060077.jpg

塗装して図面の上に並べてみたら、いい感じでございます~。
P1060079.jpg

斜め後ろから。
P1060084.jpg

前からもいってみよー!
P1060086.jpg


尚、完璧にトラウマとなってしまった船体は、もう少し暖かくなってから再チャレンジしたいと思います。

それまでに、傷だらけになってしまった心のリハビリ用に小さな作品でも作ろうかな~。

あ、ちなみについ最近、我が家在住の猫氏の猫パンチ攻撃により、飛行機模型3機が大破(鋭いジャブによりリングアウト→棚から転落)。戦車一台(お気に入りだったチャーチル)が行方不明になる事件が発生しました。

チャ戦車は、強烈なるストレート・猫パンチを食らって大気圏外まで吹っ飛んでしまい、お星様になってしまったものと思われます。


なんか、今年は模型関係の運が無い気がしますよ。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用