OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 フォッカーT.5 爆撃機
いんや~、飛行機のフリーダウンロード・ペパクラってこんなんマニアックな機体まであるんですね~。

びっくりですわ。

だって、オランダ陸軍航空隊のフォッカーT.5爆撃機ですよ。
なんじゃそりゃ?って感じです。

ま、なんでオランダの飛行機かっていったら、当然デ・ロイテル繋がりということでして、「オランダ軍のグッズ欲しいな~」と思ってネット世界をうろついていたらゲットできたんでやんすよ。

もちろんオリジナルは1/200なんて厄介なスケールではなく、1/72スケールでございました。
それをいつもの縮小コピーでダウンサイジングして作ったのがこれであります!


見慣れぬ色調の迷彩が、ヨーロピア~ンな雰囲気を醸し出しており、なかなかいかしております。
P1050676.jpg

前から見ると、犬が突っ込んでくるみたいでかわゆす。
P1050679.jpg

葉巻型の胴体がどことなく日本軍の一式陸攻を連想させますが、燃料タンクに防弾装備が無く、ここに弾があたると簡単に火を吹いちゃうところまでそっくりでございます。
P1050682.jpg

けっこう近代的なフォルムですが、胴体中央部より後部と主翼は木製と鋼管羽布張りであり、第二次大戦時には立派に旧式機だったんだそうな。
P1050684.jpg

で、この飛行機について調べてみたところ、参照元を調べたくなるくらい各文献により書いてある事が違っていて、まいってしまいましたよ。

まずは製造機数ですが、32機だったり16機だったりするのですが、実際に就役していた機数も9機だったり11機と書かれていたりでよく分かりりませんが、まぁそんくらいいたっつーことで。

で、オランダ降伏時の残存機数も、全滅だったり、2機残ったらしかったり、1機だけしか生き残れなかったらしかったり、資料によりまちまちなのだが、とりあえずほぼ全滅ちゅーことで間違いなさそうです。

作戦内容としては、ドイツ軍の侵攻を少しでも遅らせるために、マース川に架かる橋を爆撃したり、飛行場を爆撃したりと果敢に戦ったようでございます。

というわけで、名門フォッカー社謹製の名に恥じぬ戦いっぷり(だったらしい)のT5爆撃機だが、そもそも機銃をガンガン積んで敵戦闘機をバッタバッタと撃ち落す重戦闘機として開発されたんだそうです。しかし、高速で飛び回る小型の戦闘機を、こんなメタボなオッサン体型の飛行機が撃ち落せるわけも無く、爆撃機に機種変更されちゃったんだそうです。

この他にもフォッカーG.1なんていうマニアック極まる戦闘機もフリーで公開されているようなのですが、おいらはまだそのページを見つけ出せないでおります。

でも、そんなマニアックな機体じゃなくて、D.21とか有名どころを出してよねとか思っちゃうんですが、タダなんだから文句なんて言っちゃいけませんよね。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用