OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
デ・ロイテル夜間航行試験
本日は職場の床清掃日なので、定時におん出されたおいらは、先日下見をした千葉ポートパークの親水池でデ・ロイテルの夜間航行試験を行ってきたでやんすよ。

前作のモロトフでは、照明装置の貧弱さゆえに船がRCホタル化してしまった苦い経験を持つおいらは、デ・ロイテルの照明装置を飛躍的に強化し(当社比)、水面を煌々と照らしながら驀進するデ・ロイテルのイメージを脳裏に思い浮かべながら、足取りも軽く、恐らくニヤニヤしながら現地に向かったんであります。


んなもんで、祝!脱ホタル化!!

と皆様に御報告できることを妄想しつつ、数時間前まで心躍らせておりました。

が、しかし!


現実とは常に厳しいものでございます・・・。


結果はと申しますと、

まさかのRCホタル再び!

でございました。

まだ、暗くなりきらないうちは、こんなん具合に微妙にイイ感じだったのですよ。


でも、夜の帳が訪れると事態は一変。
船がちょいと離れたところに行ってしまうと、もはや数個の光点しか見えません。
下の画像は、カメラのレンズがそう捉えただけで、おいらの網膜にはこうは映っておりませんでした。(涙目)
P1050647.jpg

近くまで来ると、それなりにイイ感じなんですけどね。
P1050640.jpg


5m離れると一気にホタルっすよ 泣


やっぱ、偉大っすね、夜。

あと一つ、すっげー発見しちゃいました!


奥さん、相当やばいっすよ 迷彩。

完全に暗くなる直前は、船体の色が微かに視認できて、それで方向を確認しながら走っていた訳ですが、たまに方向を読み誤って、数回岩にぶつけちゃったんですね。

「あれぇ、おかしいなぁ」とか思ってたんですが、よく考えたら船腹の迷彩模様に惑わされて、船の進行方向が分からなくなっていたんですよ。

デ・ロイテルの迷彩考えた人。

あんたに一言言いたい。

「お前の迷彩、まじパネェから!」

日本海軍の目は騙せなかったけれど、おいらのフシ穴みたいな目は、ばっちり騙されちゃったぜ!

そんなわけで、陸揚げしてからもう一枚。
P1050655.jpg

いや~、今回改めて学びましたね。
夜の偉大さと、迷彩塗装の効果ってやつを。

しかも、RC船って操縦者は外から見てるじゃないっすか。
だから、自分の船の迷彩に自分が惑わされるっていう、そんな自虐的な楽しみも味わえるんすよね。

やっぱ奥が深いっす。RC船!

ただ、おいらこれからラジコンを始めようって思ってる若者に、自信を持って言える言葉を見つけましたよ。

「悪い事は言わねぇ。ラジコンやりたきゃ昼間にやりな!」ってね。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用