OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
艦船モデル界の活性化を望んでおります
おいら最近ふと思うんすけども,艦船マニアって趣味の人口比率的にどんくらいのシェアを占めてるのかなぁって。

ほら,鉄道マニアなんかは映画とかでとりただされる以前は,決して人前で「わたし鉄ちゃんです」なんて公言できる存在じゃなかったわけで,それこそ合コンの自己紹介でそんなこと言おうものなら,即座に隣の奴におしぼりを口に突っ込まれて,「いやぁ~,こいつ最近疲れててさ,変なこと口走っちゃうんだよね~」とかなっちゃってたはずなのに,今じゃどうですか。

「鉄子」とかいう女子の鉄ちゃんまで大量に湧き出てくる始末で,仕事の人事まで鉄同志の厚い人脈でどうにかなっちゃうほどの席巻ぶりでございますよ。「線路は続くよ人事まで♪」ってやつです。

やはり,マニアックな趣味が市民権を得るのに,大切な鍵はその頭数だと思われ,ドズル閣下のおっしゃる通り「戦いは数だよ兄貴」ってなことになるのでしょう。

その点からいくと,ながい間我々艦船マニアにとって,同じくらいのヒエラルキーじゃね?と勝手に思い込んでいた戦車マニアの方々が,ガルパンのおかげで飛躍的に世間様の注目を集めてしまった今,艦船マニアは苦々しくも羨望の眼差しで彼らの躍進を見守るしか術はないのでありましょう。

模型雑誌でも,かわいらしい女子モデラーが戦車作ってんすよ!戦車!
羨ましすぎるにもほどがあるってもんだ!日本人なら大和つくれよ,大和!!

ただでさえ,軍事系の乗り物が好きってだけで日蔭者扱いされ,クラスの女子からも「なんかあぶないよねぇ」とか陰口叩かれながら,隠れるようにして月刊PANZARを読んでいたあの日の君はもういないんだね・・・。

同じ穴のムジナである航空機マニアも,「空飛ぶ広報室」のオンエアーでオシャレ化間違いなしだし,もはや我々艦船マニアが,優越感を持って接することができるマニアは,

電柱マニアとか便器マニアとかいったイロモノ系マニア達しかいなくなった感すら漂ってまいります。

おいらがもう少し若けりゃ,テレビ局に再就職して潜水艦の乗組員を主人公にした海洋スパイ活劇「潜る大捜査線」とか企画しちゃうとこだけど,もう遅いよなぁ・・・。

艦船系で映画化されるっていったって,「山本五十六」とかオッサン・ワールド全開じゃ女子の興味なんてひけたもんじゃないっすよ。

やっぱ,人口の半分を占める女性受けするための絶対的な必要条件として「恋愛」があるけど,男ばっかりの船の生活で真面目に「恋愛」ってなったら,さらに間違いだらけの方向に突っ走ってしまい,

「兄貴と俺」の薔薇世界に到達してしまうことは必定だ。

もはや,艦船マニアは軍事マニア内のヒエラルキーにおいても,

スードラ(奴隷)とかバロバロイ(野蛮人)の域に達したと言わざるをえない状況ですな。

艦船マニアにとってのジャンヌダルクは現れるんでしょうかね?
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用