OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
稲毛海浜公園浜の池 走航会 その2
さて、今回は稲毛海浜公園での走航会(軍艦編)で行ってみたいと思います。

おなじみgorizoさんの大淀です。
いつ見てもその作りの丁寧さに惚れ惚れします。
DSC02101.jpg

大淀&モロトフ。
大淀は軽巡といっても、かなり大型なのでモロトフと同じくらいの大きさがあります。
DSC02103.jpg

並んで停泊。
上から見ると、船首の形状から日本海軍は波をフレアで抑えようとし、ソ連海軍(イタリア式設計)は乾舷を高くすることで抑えようとした事が伺えます。
それにしても、この2隻の形状の差!同じ巡洋艦でもこうも違うというのがたまりません。
DSC02105.jpg

タグと並んで。
普段は同じスケールの船としか走らせたことがないので、とても新鮮な感じがします。
DSC02107.jpg

ご覧のとおり、めちゃくちゃ牧歌的な公園です。
もっとRC艦船の仲間が増えて、たくさんの船がこの池を走り回ったら楽しいだろうなぁ・・・。
DSC02110.jpg

操縦していないときは、このように岸に付けておきます。
なんだかとってもいい感じです。
桟橋でも作りたくなってきます。
DSC02114.jpg

夕方になって猫氏登場。
タグを不思議な面持ちで見つめていました。
DSC02116.jpg

以上、軍艦編をお送りしました。

ちなみに、ギャラリーの反応はいつものとおりで、お爺ちゃん(ガン見)。おじさん・おばさん(ほ~うと唸る)。カップル(何も見えていないふり)。こども(なんだあれ!?と叫ぶ)でした。
今回もおいらは、お爺ちゃんの熱い視線をひしひしと背中に感じつつ操縦しておりました。
やはり、特定の世代にとって軍艦とは心を捉えて離さない存在なのかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用