OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
改造プラレール あじあ号の思い出1
当ブログは,基本的に1/200スケールの船の模型やその近辺についてフィーチャーしておりますが,
今回はちと趣向を変えて,改造プラレールについてお届けいたします。

なぜいきなりプラレール?しかも改造って!?

理由はパソコンのデータ整理していたら,昔の画像を発見しちゃっただけなんですけどね。
うちの息子がまだ小さい頃,プラレールが大好きで私も出張先のおみやげなどで買い与えていました。
とにかく車種が豊富で,銀河鉄道999号まである始末。(しかも鉄郎とメーテルのフィギア付き)
しかし,ある日重大なことに気付いてしまったのです!

そういや,あじあ号なくね?

これは,まずいでしょう。1930年代~40年代の船を愛する日本国民の端くれとして,鉄道といえど当時の日本の誇るべきデザインを無視することは出来申さん!

と,いうわけですぐさま近所のトイザラスに駆けつけ,機関車トーマスのゴードンを購入!
寝る間も惜しんだ突貫工事で,3日間くらいで一気に仕上げた気がします。
その後,思わず収納ケースまで作ってしまい,こちらの方がよほど手間を食った記憶があります。
まずは,その力作のケースから。
IMG_7138.jpg
取っ手がおしゃれでしょ。
扉もぱかっと開くんですなあ。
IMG_7139.jpg

牽引したパシナ型蒸気機関車。
汽車なのにブルーっていうのがたまりません。
P1010090.jpg
あじあ号といえば,最後尾の展望車両も特徴的です。
バルサのブロックを削りだし,プラ版を巻いて整形しました。
この辺は,船の模型を作る人間にとってはお手の物です。船の船尾に比べれば単純な形ですよ,はい。
P1010092.jpg
P1010094.jpg
この写真は,茨城あたりで開かれていたプラレールイベントに持ち込んで,レイアウトを走らせてもらったときの様子です。なつかしいなあ。
P1010113.jpg
そんでは,また~。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用