OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC ソ連駆逐艦「タシュケント」ミコヤンのお供
おいらの季節はずれのゴールデンウィーク3連休も今日で終わり。
子ども達は学校,外は雨。ってなもんでモソモソと動画を編集したりしていました。
フリーの動画編集ソフトですが,それなりに使えます。
でも細かい設定とかが出来なくて,すぐにストレスフルな状況に突入します。
いつも使っていたソフトはぶっ壊れちゃったので,新しいのでも買おうかな・・・。
でも,デジタルビデオカメラもお釈迦になってしまったので,そっちが先かなとか悩んでいます。

なんにせよ,今月末の芦ノ湖までに新しい装備は揃えられないので,現状で作れる編集をしないといけません。
で,先日ミコヤンの公試を行った際に,ついでに撮ったタシュケントの映像と,今までの画像を使用して動画編集の練習をしてみました。

それでは,まずは写真から。
いい天気です。この後すぐに雨が降ろうとは・・・
DSC00939.jpg

いつ見ても流線型でユニークな形です。
DSC00943.jpg

う~ん,やっぱりイタリア船のラインだわ。
DSC00941.jpg

船体色のせいか,日本の駆逐艦みたいな物々しさがありません。
DSC00942.jpg

さて,動画練習第3弾。今回はピアノで静かなイメージにしてみました。
軍艦にピアノもけっこう合うかもしれません。
さすがピアノ!懐の深さはカレーくらい深いですな。
スポンサーサイト

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

1/200 RC ソ連駆逐艦「タシュケント」久々の航海
本日は仕事がお休みだったので,久々にタシュケントを走らせてきました。
場所は千葉市の海浜公園。
おいらが小学生の頃から船遊びで愛用してきた公園です。

まずはバランスチェック。問題なさそうです。
DSC00776.jpg

船体の白線がソ連艦っぽいです。
DSC00777.jpg

半年ぶりだが快調な走り!
DSC00786.jpg

天気もよくRC日和です。
DSC00783.jpg

流線型の船体が際立ちます。
DSC00780.jpg

やはり駆逐艦にしてはデカイ!
DSC00782.jpg

カモメとカモの群れの邪魔にならないように航路設定をします。
DSC00788.jpg

平日の公園は実にのどかで,軍艦の模型が場にそぐわぬほど平和でした。

さて,今回も走行中の動画をのせます。最近ようやく片手運転にも慣れてきました。


1/200艦船模型のRC化といえばニチモの駆逐艦改造がスタンダードですが,ペパクラベースで建造すれば世界各国の好きな駆逐艦をRC化できます。船体をバルサか紙で作れば,プラモ改造のようにシビアな重量との戦いにはならないと思います。また,サイズも片手で持てる大きさなので取り扱い易く,ペパクラRC化こそ初心者に優しい艦船模型の第一歩のような気がします。

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

1/200 RC ソ連駆逐艦「タシュケント」進水
完成してからしばらくの間,ディスプレイモデルとなっていたタシュケントがめでたく進水いたしました。
ろくに動作確認をしないで,買い物のついでにテストしたのですが,これといって問題なく走ってくれました。



強速前進!ぐいぐいと進んでいきます。細長い船体なのでスピードに乗るとけっこうな速度です。
ちなみに,全速にすると船体が浮き上がり,激しいローリングが発生します。
やはり,スケール感を損なわない程度の速度で走らせるのがよいようです。
DSC00487.jpg

気分だけは「セバストポリ要塞に強行突入せよ!!」って感じです。
DSC00488.jpg

DSC00485.jpg

DSC00484.jpg

建造中に心配していた,転舵中の傾斜もそこまでひどくはなかったので一安心。波がなければ安全な走行ができそうです。
DSC00481.jpg

DSC00490.jpg

1/200スケールの駆逐艦は,波の状態にかなり左右されますが,持ち運びや保存の点を考慮すると,一番普及向きの大きさかもしれません。これだけ手軽なら新しくRC艦船模型の世界に入ってくる人も増えてもよさそうなもんです。戦艦クラスは迫力はありますが,1m超えになり,走らせるのにも気合が必要になりますからね・・・。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/200 RC 駆逐艦「タシュケント」グラフティー その2
さぁ,今回は1/200RCタシュケントのアップ写真をご覧いただこうと思います。

まずは,顔面ドアップ!!じゃなくて艦首のアップから。
赤い星が泣きぼくろのようでセクシーです。
DSC00297.jpg

艦橋付近,基部に巨大な空気取り入れ口があるなんて!!
さぞや艦橋の内部はゴゥゴゥとうるさかったことでしょう。
DSC00296.jpg

艦橋を後から望む。サメのえらのような排気スリットがおしゃれです。
DSC00293.jpg

お次は艦の中央部。
DSC00298.jpg

第二煙突付近に37mm機関砲を集中配備しています。
DSC00300.jpg

DSC00291.jpg

上部構造物の後端部分。舵輪が帆船のようでかっこいいです。
ここで操船できたら,気分はキャプテン○ーロックですな。
DSC00292.jpg

以上,タシュケントのドアップでした。
工作の荒さが気になるところですが,ワイルドってことで勘弁して下さい。

今度は走行シーンを載せたいです。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/200 RC 駆逐艦「タシュケント」グラフティー その1
この船は一番最近製作したもので,確か去年の12月くらいから作り始めて今年の5月に完成しました。
もちろんその間,歯を食いしばって死ぬ気でがんばりながら作ったわけではなく,作りたい時だけちょこちょこと作りました。
趣味っていいですね~,作りたくない時は作らなくていいんだもん。

ところで,この船も製作過程の写真を撮っていないのでいきなり完成品の画像です!!
現在製作を開始した船は,ブログで公開用に記録をとりながら作っています。近日中にこの船の製作記をUPする予定です。

さぁ,それでは今回はタシュケントの全体が写っている画像をご紹介します。アヴァンギャルド過ぎる流線型ボディーをお楽しみください。

まずは艦首方向より
DSC00288.jpg

ちょいと上から
DSC00289.jpg

横から。あれれ!?未来少年コ○ンにでてきたガンボートに似ているよ!
DSC00290.jpg

もういっちょ横から。こっちの方がよりガンボートっぽいな。
DSC00299.jpg

後からも覗いてみましょう
DSC00295.jpg

こう見ると,船体形状は思いっきりイタリアンな感じなんですけど,上部構造物を含めた全体的なイメージとしては,どこの国の船だと断定できない不思議な魅力に溢れています。
あえて言うならば,やはり「流線型時代」の船というのが一番しっくりくる気がします。

さて,次回はもう少しドアップの画像を載せたいと思います。
そんでは,また~

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用