FC2ブログ
OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「レオン・ガンベッタ」製作記01
はいな~、おいらの住まう千葉県も、激烈なパワーを誇る台風24号の影響でだいぶ風が強くなってきましたよ。 最接近するのは未明とのことなので、早めに寝ちまおうと思います。 

そんでもって、久々に新造船に手を出そうと思っちょります。 以前、練習巡洋艦「鹿島」の砲塔を作り始めたのでありますが、どうしても船体断面図が見つからず、本格的な着工はお預けの状態となっています。 

そこで、以前から気になっていた多煙突巡洋艦に手を出そうと思いまして、色々調べていたのですが、昨年海防艦「占守」を作った時にタンブルホームのぷりんとした船腹の魅力に憑りつかれたおいらは、多煙突&タンブルホームを条件に絞り込をかけた結果、このお船を作ろうと思い立った次第であります。

ご紹介しましょう!
フランス装甲巡洋艦「レオン・ガンベッタ」さんでありま~す♪ gumbetta.jpg  

図面は海外のサイトをうろつき回った結果、それなりに詳細なものをゲット。
どんどん作っちゃいますよ~。 
工法はいつもの通り、ベニヤの骨組みに1㎜厚のバルサ材を貼りこむやり方です。 まずは、ベニヤを切り出して骨組みを作ります。
この状態のお船は、まるで魚の骨のようでとってもキュートなのです♡ gambetta (8)  

続いて、バルサのスキンを貼り込むのですが、まずは船体に歪みが生じないように気を付けながら、横方向から貼り付けていきます。
  gambetta (9)

続いて、船底部分を縦方向に包むようにしてバルサを貼っていきます。
gambetta (2) 

貼り込むピッチは、ちょうど1フレーム間としています。
gambetta (1) 

この船は三軸艦なので、スクリューの中央軸が通る部分を、予め穴を開けやすく加工しておかなくてはなりません。
gambetta (3)

黙々と作業を続けると、だいたい10時間くらいでバルサを貼り終えることが出来ます。
gambetta (4) 

細かな段差があるので、軽くサンディングして均しておきます。
DSC_3282.jpg 

船体の内部にFRP樹脂を流し込んで船体を強化します。
その後、船体の縁を1.5㎜のプラ棒で囲み、同じく1.5㎜厚のプラ板から甲板を切り出しました。
gambetta (6)

船体の外側もFRPを塗布して硬化させ、その上からサンディングシーラーを複数層塗り重ねます。
DSC_3289.jpg 

この後、サンディングすればツルツル・テカテカな船体をゲットできるのであります!
早く、タンブルホームにすりすりしたいものですなぁ♡

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用