FC2ブログ
OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
たまには建築模型!?(その2)
さてさて、ドカンスカンと建築していたのは、今のポートタワーだけではなく、言うならば…

幻のポートタワー!

とでも申しましょうか、戦後日本を代表する建築家の一人である大髙正人(1923-2010)が、1973年に作成した「千葉港中央地区臨海公園計画」内で記したポートタワーの原案デザインを1/200で立体化してみました。

左が1/200サイズに引き延ばした図面で、右がベニヤ板とボール紙、発泡断熱材等で作った土台部分です。
DSC_3125.jpg 

地面はコンクリタイル張りと想定し、ボール紙をニードルでカリカリと根気強くけがいて模様を付けます。
DSC_3126.jpg

ほぼボール紙だけで地面から上が構成されているのがよく判りますw
DSC_3129.jpg

タワーは、実際のタワー同様ミラーガラスをしようしたと想定して、ミラー塩ビ板を使用しました。
DSC_3155.jpg

左から二階部分、三階部分、四階部分となります。
DSC_3156.jpg

各階のパーツを合体! 
DSC_3157.jpg

スモーク塩ビ板とミラー塩ビ板をぺたしぺたしと貼り付けます。
DSC_3158.jpg

55㎝四方のジオラマ全景であります!大髙版のポートタワーは、現在のポートタワーよりも南側、何と海に突出する形で建てられる計画でした!素晴らしくファンキーなタワーでしょう♪
DSC_3189.jpg

くわっとそびえたつ大髙版ポートタワー!70年代デザインが光ります。
DSC_3190.jpg

タワー基部には、大規模な海洋博物館が設置される計画でした。モデルでは、江戸から昭和初期まで千葉港の海運を支えた五大力船の復元船が展示されているという想定で作ってみました。
DSC_3191.jpg

エントランス付近。「海」の碑は勝手においらが置いたもの。だって、公共施設は碑が大好きですからね!もし実現していたら、絶対この辺に何らかの碑が設置されたものと固く信じております。
DSC_3192.jpg

エントランス付近を海側から見る。
DSC_3193.jpg

錨のモニュメントもおいらが勝手に設置したもの。何か、県知事になったみたいで楽しいぞ♪色んなもんをガンガン設置してやりたい欲求が沸き起こります。
DSC_3194.jpg

現在、人工海浜となっている入江の奥は船付き場になる予定で、大髙はここから水中翼船やホバークラフトといった、当時最新鋭の水物メカがここから発着することを夢見ていました。実現していたら、さぞやドリーミーな港となっていたことでしょう。
DSC_3195.jpg

タワー本体のみを比べると、左の大髙版ポートタワーは全高100m、右の現行タワーは125mであり、随分と大きさに差があることが分かります。
DSC_3187.jpg

土台部も含めた比較。
DSC_3196.jpg

大髙版タワーはいかにも70年代なデザインであるのに対して、実際のタワーはバキバキの80年代デザインであり、約10年間のデザインの差が見て取れて面白いです。
DSC_3198.jpg

やっぱ、やりたいっすよね!実物との比較。
タワー×タワー♪
DSC_3199.jpg

さぁて、建築模型に捧げたおいらの夏休みも、いよいよ終わりを迎えてしまうので、そろそろ新造艦の資料集めでもしましょうかね。

スポンサーサイト



たまには建築模型!?(その1)
マリンフェスタから約一月、ここ最近のおいらは艦船模型ではなく、建築模型の製作に精をだしていたのでありましたぁっ!

実は、おいらの以前の職場であった千葉県立美術館と、マリンフェスタでもお世話になっている千葉ポートタワーさんがコラボ企画を行うので、そこに展示する建築模型の製作を、美術館時代の元上司に依頼されていたのでありますよ。

んで、何つくってたかというと…

バイ~~ン!
 
DSC_3144.jpg 

DSC_3143.jpg 

DSC_3142.jpg 
そう、千葉ポートタワーの建築模型でやんすよ!
もちろん、スケールは1/200で決まりっしょ!

千葉県民500万人突破記念塔だけあって、「こじま」と比べてもデカいぜ‼ 
DSC_3122.jpg

何で出来ているかというと、基本構造はいつもの紙っすw
周囲には、ハーフミラーを模した塩ビ版を貼り付けました♪贅沢にも、ミラー塩ビの上に透明青の塩ビを重ね貼りしておりますです。
 DSC_3119.jpg

艦船モデラーとして、当然展望室内部は手を入れなくてはなりませんな
 DSC_3116.jpg

で、作ったのはこれだけではないんすよ。
実は、千葉ポートタワーには、今のタワーの形とは全く違う古い別の計画がありましてな…

ちょっと、気になるでしょ?気になるでしょう。フハハハハ

教えてあげないよ♡

なんてはずないっすね。それは次回のお楽しみに~

んで、この模型ですが、8月21日から9月3日まで、千葉ポートタワー1Fで展示されております。入場無料ですので、お時間ありましたらご高覧頂けると幸いに存じます。

詳しくは千葉県立美術館HPをご覧くださいませ。

そんでは、また~♪