OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 「ガトー」制作記2
さてさて、先日関東地方は初雪が降り、いよいよ冬本番となってまいりましたが、おいらは震える指で「ガトー」のプラモを作っておりました。

このところ忙しさのあまりに造船活動が停滞しておりましたが、プラモはいいっすねー!

いちいち部品を自作しなくてはならないスクラッチに比べると、とても気楽にお船を作ることが出来ます。
そんなわけで、サクッと「ガトー」を作っちゃいました♪

走行装置も組み込まず、素組みでプラモを作るのってとっても楽しいですね。
DSC_1356.jpg

おいら、今まで「ガトー」級なんて全く興味・関心がなかったんですけど、米潜もけっこうカッコいいかも!?
DSC_1361.jpg

量産型の様式美すら感じさせる御尊顔であります!
DSC_1362.jpg

ケツもなかなかセクシーでやんすよ(。>ω<。)ノ
DSC_1365.jpg


んでもって、すまさん作の「鵜来」型海防艦と並べてみたら・・・

「ガトー」でかっ!!
DSC_1373.jpg

真上から見ると、「ガトー」の細長い船体が際立ちます。幅は「鵜来」型の方がありますね~。
DSC_1370.jpg

う~ん、見てくれは爆雷てんこ盛りの「鵜来」型の方が強そうだな。
DSC_1366.jpg

日本の海防艦も、もう少しだけ優れた探知装備と前方投射爆雷さえあれば「ガトー」級をフルボッコにできたであろうに!(グギギギ)
DSC_1367.jpg

とかく戦艦や空母が激突する艦隊決戦に興味が湧きがちですが、シーレーンを巡る地味~な戦いこそ太平洋戦争の肝であったことを忘れてはなりませんな。
DSC_1369.jpg

今回、量産型の鏡ともいえる「ガトー」を作ってみましたが、小学生の頃ガンプラのジムを作った時と似たような、量産兵器の魅力に触れることが出来ました。

また「鵜来」型のもう一方の天敵である、米軍航空機ですが、できれば1号海防艦を葬り去ったB25をぺパクラで作りたいのですが、ちょうど良いスケールのものが無いんですなぁ。

さすがに1/33から1/200にダウンスケールすると、部品が小さすぎて組むのが辛すぎますからね。
年末に時間が出来たら、アベンジャーとかの艦載機から作ってみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

1/200 「アルバコア」改め「ガトー」製作記1
あいや~、気が付いたらブログ一か月以上も放置してしまったでござるよ~。

ひっさびさの記事は、内容もお久しぶりの中華潜水艦プラモで行ってみたいと思います!

2014年の6月に米潜水艦「アルバコア」の制作記としてスタートした記事なのですが、全く手を付けずに2年半放置の末、今華々しく「ガトー」の制作記として再開の運びとなりました!(パチパチパチ\(^o^)/)

理由はですねぇ、単なる気まぐれだけではなく、最近取り組んでいる「こじま」についての調査・研究において、おそらく近い将来実施するであろう「こじま」についての展示の際に、海防艦時代の宿敵として「志賀」と並べて展示するためなんでございます。

んで、実際に「ガトー」と「志賀」をならべてみたら、「ガトー」の方が全然でかいでやんのw

史実において、日本の海防艦は潜水艦狩りするどころか、反撃されてやらちゃったことが多かったのも頷けますな。
なんつったって水上速力は「ガトー」級のが速いから、浮上航行で体当たり合戦したら、日本の海防艦の方が沈んじゃいそうですよ。

そんなわけで、しまってあった箱を引きずり出してきたでやんす~。
DSC_1241.jpg

このプラモ、「Rich Models」という香港にオフィスを構えるメーカーさんの製品でありまして、日本製プラモの組みやすさと比較すると可哀そうになるのでなるので、あえてしませんが、ちゃんと組みあがるだけのクオリティは有しております。

組みずらいけど、何とか形になった艦橋部分。
DSC_1247.jpg

塗装は艦スプレーでちゃちゃっと仕上げちゃいます。
DSC_1248.jpg

当初は、水上航行仕様のRCモデルにしようと思っていたのですが、今回はお手軽に展示用として仕上げちゃおうと思います。

ちゃちゃっと完成させたいです!
1/200 RC「アルバコア」製作記1
先日の父の日に、何故だか義理の両親から御小遣いを頂きまして、放っておくと速攻でビール代に消えてしまうと考えたおいらは、近所のホビーショップに駆け込んで、以前から欲しかったプラモを買ったんでやんすよ。

じゃ~ん、これです。アメリカ海軍潜水艦「ガトー」!
当然のことながら、スケールは1/200でありますよ。
いや~、以前からこのキット欲しかったんすよね~♪
P1060457.jpg

このキットは、「リッチモデル」という、たいそう景気のよろしい御名前のメーカーさんが作った一品らしいです。

箱の注意書きが怒涛のチャイ語だったので、前回中華プラモで辛酸をなめたおいらは、このキットを買い控えていたのですが、せっかくのチャンスなので意を決して購入することにいたしました!

キットの中身はこんなん感じです。船体パーツの合いは微妙な感じですが、ポ国のプラモデルに比べれば超☆優等生くらいの完成度です。特に船体の水抜き穴が抜けているのがよろしいでおじゃりまするな。
P1060461.jpg

で、うれしいのがこのおまけパーツというかミニキット。
なんとキングフィッシャー水上機が付いてくるでやんすよ!
ガトー級って水上機搭載できたっけか?なんて無粋なことを言ってはいけません。
おまけに水上機のミニキットを付けてくれる心意気が嬉しいってもんでございます。
P1060466.jpg

で、このキット見てたら「RC化できんじゃね?」という感じがしておりまして、時間のある時にちょこちょこ作っていく予定です。

ちなみに、今回は日本海軍の仇敵ともいえる「アルバコア」にしようと思っちょります。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用