OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 RC「矢矧」製作記33
おろろ~ん。
6日間もあったおいらの夏休みが終わってしまったであります!

はぁ、今年も結局どこにも行かずに船作って終わったなぁ(詠嘆)

ま、好きなことに没頭しまくったという点では、こんなにも素敵な休日はないんですけどね。

とりあえず、「矢矧」の細かいパーツが大体出来上がったので良しとしましょう!
現在の全体像はこんなん感じであります。
DSC_1789.jpg

ふむ、今までとあんまり変わりませんな!

そう、そうなんですよ奥さん!
フルスクラッチにおけるディティールアップって、やたらめったら手間と時間を食う割に、外見的にはあんまり変化がないっていう、恐ろしく不毛な作業なのであります!

この「矢矧」も、残す作業はあと僅か。過去の記事を見なおしてみると、2013年の10月に起工したようなので、4年近くもチンタラやっているわけですねw

ただ、最後の難関が機銃でございまして、「矢矧」さんは25㎜三連装機銃を10基、単装機銃を24基も積み込んでいたらしく、全身これハリネズミという素晴らしき仕様なのであります!

こんな時こそ、科学の力!「出でよ3Dプリンター!!」と叫びたいのは山々ですが、金銭的に恐ろしいことになりそうなので、もうチマチマ手作りしようとおもっちょります。

そうなると、約60本も銃身作らんといかんのでありまする。

あぁ、本当に完成するのは、更に4年後くらいになりそうです・・・。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

1/200 RC「矢矧」製作記32
あぁ、この夏も終戦記念日が来てお盆休みが終わってしまうでやんすよ。

てなわけで、そろそろ始まる仕事に恐れおののきながら何とか生存しているおいらであります。

ここ最近、やっと造船?というかお船に手をかける時間が出来まして、色々とゴソゴソやっていたのでそのご報告でも。

まずは、ずいぶん昔に四国の超有名モデラー様から頂いた1/200ビスマルクを、超久々に整備しました。
DSC_1781.jpg
元から整備性の良い船なので、RCメカを積めばすぐに走ることが出来る状態まで回復。埃もきれいに落としたので、新品のようにピカピカになりました♪

そして、ここ何年もダラダラと続けている「矢矧」を、いい加減に完成させようと一念発起!
残っているパーツは、時間と手間を猛烈に食うけど、あまり見栄えが変わらない小物パーツばかりなので、もう腰を据えて精神修行のつもりで頑張りますw

まずは艦橋前付近。リールやら投鉛台やら、超めんどくせぇ部品をくっつけました。
DSC_1784.jpg

中央部。マストの後ろの籠には、搭載機の予備翼が格納されていますが、文献によっては予備プロペラ置き場となっているものもあるので、これからプロペラを作って探照灯台の下あたりにくっつけようと思います。
DSC_1785.jpg

カタパルト付近。何となくこの辺が寂しいので、魚雷を置いて胡麻化します。
カタパルト下の応急舵を作るのが、地味~にめんどくさかったです。
DSC_1786.jpg

艦尾付近。一番ゴチャゴチャとパーツが増えたエリアです。
係船桁は可動式にしてあるので、停泊シーンの写真撮りに使えるかもしれません。
空中線整合器の後ろにある、グレーチングの台に載っている機器はいったい何者なんでしょう?発動機調整台のように見えなくもないのですが・・・。どなたか詳しい方がいらしたら、ぜひ教えてくだされ。
DSC_1788.jpg

そんなわけで、早く新造艦に移るためにも、この夏は「矢矧」をやっつけちゃおうと思ます。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

1/200 RC「矢矧」製作記31
おばんです~。
この記事のタイトルは「矢矧製作記」となっていますが、作業はぜんっぜん進んでいないことを最初に自白させていただきます。

じゃ、何を書くのかって?

いやぁ、じつはさっき部屋の掃除をしていたら、どっかで見たことのある形の電線コードが出てきて、「こりゃいったい何の部品だ?」と考えていたら、「そういえば、矢矧の照明装置の部品じゃないか!」ってことを思い出したので、箱から取り出して超絶久しぶりに電飾スイッチをオンにしてみたわけなんすよ。

で、矢矧の製作はずっと止まったまんまなんで、そん時に撮った写真でお茶を濁そうというセコイ魂胆なわけなんですよ。

ごたくはいらないので、さっそく画像いってみまひょか~♪

ほんと最近、矢矧に照明装置を積んでいること自体すっかり忘れてましたわ。かっかっかっ!
DSC_1056.jpg

艦橋のドアップ。実際は夜間航海中に羅針艦橋の照明を点けるはずないっすけど、そこは模型的な見栄え重視ですよね、やっぱり。
DSC_1057.jpg

一番照度をアップさせた飛行作業甲板下の空間。ちょっとサイバーパンクぽっくていいかも♡
DSC_1059.jpg

近くで見るとそれなりに綺麗なんですけど、水上に出てしまえば、この程度の明かりだとRC蛍くらいにしかならないことは実証済みなんでありますな。(泣)
DSC_1060.jpg

そんなわけで、もしかすると秋から冬にかけて矢矧の製作を再開するかもしれないし、しないかもしれません。
そんでは、また~。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

1/200 RC「矢矧」製作記30
ひっさびさの艦船模型記事であります!
実は、来る5月10日に横須賀市主催のカレーフェスタなるイベントにおいて、三笠公園の池でラジコン船のデモ走航をすることになりました。

そんなわけで、矢矧の緊急整備を行い、何とか走航できるような状態に整備しました。
P1080467.jpg

去年秋の進水時にモーターの過熱が認められたので、空冷ファンを2基取り付けてあります。
なんだか、とても大げさな装備になってしまいました。
P1080472.jpg

で、今回の遠征には矢矧とデ・ロイテルの二隻で臨みます。最悪、矢矧がトラぶってもデ・ロイテルで乗り切ろうと思ってます。
P1080475.jpg

この角度から見ると、デ・ロイテルの艦橋が以上にでかく見えますなぁ。
P1080482.jpg

ほぼ、同じ大きさの二隻ですが、全く違ったスタイルが面白いです。矢矧は全体的なバランスは良いのですが、全面木甲板のデ・ロイテルの方が、ゴージャス感では勝っていますな。この二隻がさしで戦ったらどっちが強いんすかね?
P1080478.jpg

カレーフェスタの情報は、お仲間のスマさんがブログでまとめてくださっています!
http://blogs.yahoo.co.jp/smoug777

お近くの方は是非ご来場くださいませ!
1/200 RC「矢矧」製作記29
4月から職場の配属部署が変わってしまったために、3月末からドタバタしていてえらい久々の更新になってしまったでござる。

そんなわけで、ここ最近は船に手をつけていなかったのですが、いよいよお船のシーズン到来なので、完成寸前でストップしている矢矧とスリ・アユタヤを、とっととやっつけちまおうと思っています。

矢矧は、年末に電圧調整を忘れてスイッチ・オンしていまい、LEDを焼失してしまったので、構造物を分解してLEDを再設置しなくてはなりません。
P1080095.jpg

た、隊長、まじでめんどくさいっす・・・。

スリ・アユタヤにかんしては、先日1/200艦船模型倶楽部の飲み会の折にアキバでスプリングジョイントをゲットしてきたので、あとは新たにRCメカを購入すれば操縦体験用のお船としてめでたく完成できる予定です。

いよいよ船シーズン到来!
艦隊の整備を急ぎます。