OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
1/200 LCM3
ついに、本年最後の記事なのであります。

このところ戦車ばっかり作っていたので、少しは1/200のお船に回帰して今年を締めくくろうと思い、小さな小さなお船を作ってみました。
型紙はこちらのサイトから4$(US$)で購入できます。

今回のお題は、連合軍がわらわらと上陸していく際に使用した、上陸用舟艇LCM3です。本物の全長は約15mほどで、とってもちっこいお船であります。
こんなん感じになりました。

前から
P1040958.jpg

横から
P1040960.jpg

後ろから
P1040961.jpg



そしてお約束の戦車搭載状態です。
のっかているのはマチルダ戦車であります。防御側はこの戦車が浜にのし上げて来たら嫌だろうな~。
P1040964.jpg

こうなると、やはりライバルの大発と並べたくなりますね!
大発には八九式をのっけてみました。
P1040967.jpg

P1040968.jpg

P1040972.jpg

む~ん、サイズはほぼ一緒ですが、大発の搭載能力が11tであるのに対し、LCM3のそれは30tと約3倍です。
形を比べてみても、大発の複雑さが際立ちますね~。作っていても、LCM3は基本的に箱組みなのであっという間にできてしまいましたが、大発は複雑なWの形をした船首の船底部分や、キュートに丸まったヒップなど、けっこう時間がかかった気がします。

「資源の少ない国の方が、複雑なもんつくんなよ!」と突っ込みを入れたくなっちゃいますが、大発のプロトタイプは1925年のデビューであり、おいらが作った戦車搭載を考慮に入れたD型も1932年のデビューです。それに比べてLCM3は1943年のデビューであり、大発の古臭さではなく、先見性に驚かされる次第であります。

そもそも、アメリカの上陸用舟艇は日中戦争中に隠し撮りされた大発がモデルになっているという話ですよ・・・。なんともなぁって感じです。

で、ついでに今年最後の夕日を激写してみたんであります。
P1040995.jpg

それでは、みなさん良いお年を~。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用