OCEAN DOCKYARD  ~1/200 model ship builder~
1/200スケールでラジコン船を製作しています。
千葉みなとマリンフェスタ2017 無事終了!
アイヤー!17日に無事開催でけた千葉みなとマリンフェスタのご報告が、こんなにも遅くなっちゃったでやんすよ。
ここ数日、イベント準備の為に後回しにしまっくていた仕事が一気に押し寄せて圧殺される寸前になっておりました。
疲れが溜まりまくっているのか、昨日の千葉の運営担当者達の反省会と称した飲み会では、グデグデに酔いつぶれた挙句、耳が急に聞こえなくなる始末。
おいらも年取ったなぁ…と感じた瞬間でありました。

ま、ジジイの戯言はさておき、今年もたくさんの方にご来場頂いた当日の様子をご覧いただきましょう。ちなみに、写真は全て仲間が撮ってくれた画像から拝借しております。(多謝)

「ちば素敵艦隊」といえば、艦これレイヤーさん!
今年もキュートで素敵なレイヤーさんが多数集結してくれました♪
20108688_1957837224431451_7901173918699246095_n.jpg

艦娘×艦船模型!これでしょ、これですよね!お兄さん!!
20108401_1957835067765000_1260137868111502839_n.jpg

「こじま」と「志賀」は、千葉市の広報大使のお姉さまに持ってもらったよ♡
20106541_1957835194431654_1431559477510246301_n.jpg

勝手に開発した「こじま」土産のブースにもレイヤーさんが来てくれました。
20106464_1957838487764658_3175637743029077309_n.jpg

一昨年も参加してくれた亀仙人のじっちゃまも来てくれたよ!去年は開催日を間違えて来られなかったんだってw
20155634_1957837284431445_8460390112141005302_n.jpg

さぁて、みんなが楽しみにしているラジコン艦船の紹介だよ!
今年も、埼玉や神奈川、静岡からも船仲間の皆さんが集まってくれました♪
最後まで残っていた船だけでも何と20隻もいました。
20140128_1957833291098511_8212100079997398487_n.jpg

毎年参加してくださる、衣笠さんのお友達の空母「信濃」。
甲板に飛行機ガン積みという、艦船モデラーの夢の形がここにあります!
20106276_1957833364431837_1878811130862589922_n.jpg

観艦式のパレードで走る各船。「こじま」を先頭艦にして、膨大な数の艦船ラジコンが単縦陣で航行しました!しかし、写真では「こじま」が既に落伍しているようですw
20108228_1957833757765131_6635513670981259049_n.jpg

そして、今回の秘密兵器。
すまさんのジャパリバス最終話仕様!!昨年のラプラスに引き続き、すまさんのネタ造船は冴えわたります。
20106375_1957833577765149_7335373643759074923_n.jpg

やばい完成度ですw
20108447_1957838651097975_9138398627733939342_n.jpg

ジャパリバスと「霧島」の単横陣。こういった光景が見られるのも、このイベントの楽しみの一つです。「ちば素敵艦隊」は優しい世界なのであります。
20108465_1957833587765148_5408219627183904884_n.jpg

さて、今年もイベント運営が忙しく、ろくに写真を撮ることが出来ませんでしたが、りんたんさんのブログすまさんのブログで当日の詳しい様子が紹介されていますので、そちらをご覧ください。

おいらの方では、今回のイベント雑感とでも申しましょうか、感じたことをツラツラと書いてみたいと思います。

まず、今年は模型を携えて参加される方がとても増えたことが何より嬉しいことでした。
特に、若いモデラーが何人も参加してくれたことは、このイベントを始めた趣旨そのものでもあり、ここ数年の活動の成果がやっと実を結びつつあることを実感できました。

また同時に、そのような若いモデラーが、ベテランモデラーの方々の超絶技巧作品を目にすることができる場となれたことが最高に嬉しいんでありますな。若いモデラーの方々にとって、部屋に引きこもってネットで画像を見るだけの経験と、真夏の太陽の下で汗まみれになりながらも、水上を走る実物を見た経験は、まさに雲泥の差というやつでしょう。自身の眼で船を見て、年齢も経験も技術も段違いに離れたベテランの方々に話を聞きくことが、どれだけ成長の糧となることか・・。だからこそ、年上の方と上手にコミュニケーションを取るための礼儀も学ばなくてはならないんですよね♪

衣笠さんをはじめとする、ベテランモデラーの方々の作品は、手作りとは到底思えないような精密さの上に、艦載機のプロペラが回転したり、クレーンが動いたり、主砲もグリグリ動いたり、これでもかという技のオンパレード!
我々中堅モデラーにとっても、その作品は、憧れと同時に目標にもなりました。この場を借りて心より感謝申し上げます。

また、今回のイベントで感じたことは、貸出用の船はやはりタグしかないなとw
スケール船は、初心者の方にとって操縦が難しすぎるようです。
初心者の方でも、安心して操縦を楽しむことのできる船と遊びを来年は実現させます!楽しみにしていてください♪

それと、参加船の増加に伴い、水域もしくは時間を区分して混雑を緩和する必要性が出てきたと共に、観覧者の増加により操船時に船が見えないといった問題も出てきました。専用の操船エリアを設ける等の対策が必要かもしれません。

ただし、これらの改善を行うには人出が全く足りないので、参加される方々にご協力をお願いしようと考えています。
私は「ちば素敵艦隊」を、参加費を頂いて快適なラジコン体験を提供するようなイベントにする意思は毛頭ございません。
あくまで、艦船模型の好きな人間による自主的なイベントです。ですので、来てくださった方々をお客様とは考えてはおらず、あくまで同好の士と考えております。
だからこそ、遠路遥々来てくださる方々に、一人でも勇気を出して来てくださる方々に、素敵な時間を共に過ごせる場にしていきたいと願っています。
今年も、何人もの方々が、お手伝いをかって出てくれました。本当にありがとうございます!
来年は、作業内容をしっかりとアナウンスし、準備等を手早く充実できるように運営も工夫していきたいと思います。

改めまして、今後ともこのイベントをよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、酷暑の中「ちば素敵艦隊」にご参加頂いた全ての方に、感謝申し上げます。






スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

千葉みなとマリンフェスタ2017 最終案内 
お今晩は~。
いよいよ来週に迫ってまいりました、千葉みなとマリンフェスタ2017!

その事前告知が何と、ヤフーニュースに掲載されたでござる!

ヤフーニュースの記事はこちら

こうなれば、当日リポートにも当然期待は高まるわけだが、この記事を作成してくださった千葉経済新聞様は当日来られないそうなので、残念ながら人知れずひっそりと終焉を迎えるのでありましょう・・・。

だがしかし、だがしかーし!!

当日参加した人が、めいっぱい楽しめればいいじゃん♪
と、いうわけで、最終案内でございます。

日時・場所等の基本情報はこちらをご確認ください。

「俺っちの1/200RC艦船模型も参加するぜ!」という同士諸君な方は、午後1時頃から試走を始めたいと思いますので、現地集合でお願いいたします。
※エンジン艇やスチーム艇、高速艇の参加は禁止とさせていただきます。

「いやいや、俺様のお船は試運転に軽く2時間はかかるぜ!」という方は、正午からでも池の使用は可能です。

天気予報は、13日現在曇りとなっておりますが、気温は30度近いようなので、熱中症対策はお忘れなく!
雨天時は、千葉ポートタワー1階で、艦船模型の展示と残念会ならぬ模型座談会を盛大に挙行したいと思いますw

最後に、昨年ポケモン騒ぎで、常にオーバーフローしていた千葉ポートパークの駐車場ですが、今年はポケストップの削除により、満車であっても、しばらくすれば入れる程度の混み具合となっております。

それでは、当日たくさんの方々とお会いできることを楽しみにしております。
遠方からご参加の方は、くれぐれもお気をつけていらしてください!






テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

2017.06.18 稲毛海浜公園
いやはや、前回「呂500」の公試からそんなに日はたっていないのですが、マイロンさんが2隻目の「呂500」を開発しちゃいましたよ!
今回の「呂500」は、不調だった潜航装置を排して、方向転換も舵を使わずにモーターの回転差で行うシンプルな方法に変更し、徹底的に軽量化を図ったバージョンとなりました。
そして、モーターの過熱を抑えるために、なんと船外にモーターを露出させて、直に池の水で冷やしちゃおうという、スーパー・ワイルドな水冷方式を選択!(漢すぎるぜ、セニョ~ル!)
DSC_1591.jpg
しかし、残念ながら今回の公試でも満足のいく成果を得ることが出来ず、更なる改良を目指すことになりました。
やはり超小型潜水艦のRC化は容易ではありません。「1/200艦船模型倶楽部」きっての技術力を誇るマイロンさんをもってしても簡単には超えられぬ壁なのであります。

しばらくドック入りしていた、りんたんさんの「雪風」。
今回の改良により、驚異的な運動性能を得ることになりました。旋回半径の小ささには本当にびっくりです。
DSC_1593.jpg

おいらの「矢矧」。とりあえず水偵乗っけてみました。
DSC_1592.jpg

反航する「雪風」と「矢矧」。ここにnaruchanさんの「大和」が加われば、水上特攻トリオの完成です♪
DSC_1596.jpg

旋回運動中の「矢矧」、「雪風」。水柱でもあれば、対空戦闘中の一コマのようです。
DSC_1598.jpg

りんたんさんの「球磨」と並んで停泊する「矢矧」。大発を持ってきて浮かべておけば、停泊中っぽい写真が撮れたかもしれないと今になって後悔・・・。
りんたんさんと話していたら、モジュール式の桟橋を作ったら面白そう!ということになり、今後素材や製作方法、サイズ等を研究してみたいと思います。
DSC_1603.jpg

本日の走航会には、「ちば素敵艦隊」のイベントでPAやカメラマン、ディレクターと多岐にわたり活躍中のH氏や、ここ数年イベントに参加してもらっているI氏も参加され、とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
ちなみに両氏も1/200でRC艦を建造中であり、近い将来ご一緒できることを楽しみにしております。

さて、来月の17日は、いよいよ「千葉みなとマリンフェスタ」です!
準備がんばるぞ~!!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

2017.05.05 稲毛海浜公園
はいな~!世間様ではメデタイこどもの日に、おっさん二人でお船のラジコンで遊んできたでやんすよ~♪

先月の走航会における興奮も冷めやらぬおいらですが、マイロンさんがニチモの1/200 Uボート「呂500」のRC化に成功したということで、再び稲毛海浜公園の浜の池で急遽公試を実施してきたのであります!

実際の「呂500」は、ほんとにちっさくてびっくりです!この大きさのモデルで二軸推進、潜舵可動を実現したマイロンさんの技術力たるや凄まじいものがあります!
DSC_1549.jpg

水上走行では、すい~と気持ちよく動きましたが、潜舵を作動させても潜航しないことが判明。今後の改修が待たれます。
DSC_1547.jpg

本日、おいらは「こじま」で「呂500」の試験を生温かく見守りました。
DSC_1553.jpg

「こじま」と並んで係留される「呂500」
DSC_1559.jpg

潜水艦のモデルもカッコいいっす!こいつはいつかチャレンジしてみる価値ありありですね。
DSC_1562.jpg

「こじま」は今日も絶好調。このところノートラブルの航海が続きます。
DSC_1551.jpg

岸辺に停泊中の「こじま」。なんか、このアングルから見ると、本物の「こじま」を思い出してちょっぴり泣けてくらぁ。゚(゚´Д`゚)゚。
DSC_1557.jpg

なんか、おいらにとって、「こじま」って走航中よりも停泊中の方が、らしく感じてしまうのがちょっぴり面白いっす。
DSC_1568.jpg

そんなわけで、実際に動く1/200 RC「ろ~ちゃん♡」をご覧くだされ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

2017.04.23 稲毛海浜公園
ほいな~!今日は久々に1/200艦船模型倶楽部の走航会に参加できたのであります。
このところ業務多忙で、造船どころか走航会にも行けない日々が続いていたので、めっちゃくちゃ楽しかったであります。

ほんと、ゆっくりと走る船を眺めながら同好の士と語り合うのは至福の時でありまするな。

で、今日はカメラを忘れてしまったので、genpaku氏が撮影した写真のデータを頂いてまいりました。ありがとうgenpaku君!

まずはりんたんさんの「大和」。いつもは複数いる大和型戦艦ですが、本日はこの「大和」のみの参加となりました。甲板上にカメラがちょこんと乗っており、こいつで撮影した動画が近いうちにりんたんさんのブログで公開されると思います。
l_23615981a37df4e3466dfbbd6b9dbc2382ec343d.jpg

すまさんの「三笠」。WAVEの社長様直々のお願いにより作成された栄誉あるモデルであります。ちなみに、社長様の製作された主砲発光ギミックも搭載されていますが、残念ながらお天道様の下ではそれを拝むことができません。
l_7a61260271fd969384a13afb47acbc676edeb987.jpg

マイロンさんの「霧島」。私もこの船の写真はもう何枚撮ったか分からないくらい撮りましたが、もろに真後ろから撮った写真って珍しいですよね。genpaku君のアヴァンギャルドなセンスがキラリと光ります!
l_94b1feb512a16e10a792676432f5af2784e39f17.jpg

genpaku君の1/150「矢矧」です。大き目のスケールを活かして、超絶ディティールが施されております。ちなみにおいらの「矢矧」とは、ベースとなったぺパクラのモデルが違うことや、作り手の個性による解釈の違いが見て取れてとても面白いです。
l_9df0da9ea0d0c90afdc08b54050bc4631732339d.jpg

おいらの「スリ・アユタヤ」。もはや冗談みたいなフォルムは、とても実艦が存在したとは思えない姿です。今日も元気に大型艦の間をチョロチョロと走り回っておりました。
l_04435d7d122eb32dcfd6c36e2a2e6de0fe3ec137.jpg

おいらの「矢矧」。一体いつになったら完成するんでしょうねぇ?
l_a641e427a9c3a6cfd61dd2a3228cc0f9a6783db3.jpg

今日は、りんたんさんの「球磨」と、念願だった水雷戦隊ごっこを楽しむことが出来ました!
l_72facb39be637e3a36ab5495d52289e0a678c627.jpg

巡洋艦、最っ高だぜぇっっ!
l_4d6f43f14e03188bd7da35bce7b06f67192ccc9d.jpg

あと、画像はないのですが、高校生モデラーE君の「アリゾナ」も元気に走り回っておりました。

で、画像の中央に写っている謎の蔦・・・。
このロープみたいな凶悪な蔦が、naruchanさんのPT-15のスクリューに絡み付くという事故がありました。あな恐ろしや浜の池。
l_158d907cc75b6b4a75553c7d0068da064ea8445d.jpg
今日の元気なPTのお姿はnaruchanさんのブログに掲載中!

また、気温が暖かなせいか、泊地付近に藻が繁殖しており、出入港しようとした船が絡め捕られる事故が多発いたしました。

そんな小さなトラブルはありつつも、今日はほんとに楽しかったなぁ(詠嘆)。

他にも、艦隊行動の練習を本格的に開始しましたので、夏のマリンフェスタで皆様に御披露できると嬉しいです。

最後に、我々メンバーの中で最年少のE君(始めて出会ったときは中学生でした)が、気が付いたらもう来年大学受験なんだそうな。そういえば、この間まで未成年だったgenpaku君も就活とか言ってるわけだから、ほんとに時が経つのは早いものです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用